【ブログ記事更新のコツ】 速く記事を書きあげるために意識すべき3つのこととは

こんにちわ、フリーライターのシロ(@siro3460)です。

私は先日、オンラインサロンPlayersの「2週間でブログを20記事書くチーム」に入りました。

ブログは孤独な作業になりがちなので、目的を共有した仲間と頑張れる環境っていいなーと思いまして。

チームリーダーはPlayersの主であるShinさんなのですが、なんと、Shinさんはたった3日で目標達成してしまいました。笑


1日7記事のペースなので、仮にShinさんがプロブロガーだとしたら、1年(365日)で2555記事書きあげる計算になってしまいます。

「うわー、Shinさんマジ凄いわー!凄すぎるわー!」という感想だけで終わりたくないので、Shinさんがここまで記事を速く仕上げられる理由を分析し、Shinさんでなくても活かせる情報としてまとめたいと思います。

では、行きます。

分析1:目的達成のためにやりきる環境を作っている

まずは、これですね。

冒頭で説明しましたが、Shinさんは「2週間でブログ20記事書くチーム」を自身で立ち上げました。

その時の募集要項はこちらです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
チーム募集:2週間でブログを20記事書くチーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんばんは、Shinです。
明日から三連休ですが、あまり予定がないため、一気にブログや連載記事作成を終わらせていこうと思います!
とはいっても、自分ひとりだとサボるので、ハードル高く追い込める仲間を募集したいです。

【やること】
・2週間でブログを20記事書く

【参加してほしい人】
・現在ブログを書いている人
・文章を大量に書くことに慣れたい人
・Shinのスピードブログ作成術を会得したい人

【参加することで得られるメリット】
・短期間で20記事たまる
・ブログを書く際のスピード感を2段階上げられる

【リーダーから一言】
書くスピードや構成、文章力には比較的自信があります。ぜひ一緒にスピードブログ更新し、楽しいブログライフを送りましょう!

参加されたい方は、コメントをよろしくお願いいたします!

「連休の空いている時間をブログ記事作成に費やしたい→自分だけではさぼってしまうかもしれない→よし、チームを作って自分を追い込む環境を用意しよう」

という流れですね。


一人だとモチベーションが上がらなかったり、やりきることができなかったり、気づいたらSNSやYoutubeを見てしまうこともあるかもしれませんが、

宣言した手前やるしかない & 同じ目標に向かって進むメンバーから刺激を受けられる環境

を用意することで、自分を追い込む環境を意図的に作っています。


Playersでチームを立ち上げてもいいですし、Twitterや他のサロンで募集してみるのもありだと思います。

  • ちょっと本腰入れてやりたいな
  • スタートダッシュとして習慣化するために何か取り組みたい
  • メンバーから刺激を受けながら取り組みたい

と少しでも思ったかたは、試してみるといいかもしれませんね。

分析2:普段から記事の元ネタとなる情報を作っている

環境を作ることはもちろん大事ですが、記事ネタが思いつかず手が止まってしまっては2週間に20記事って結構きつそうですよね。

1日1記事かきつつ、6日は2記事の日を作らないと2週間で20記事は厳しいですし。

Shinさんは記事を書くための元ネタが超豊富です。

  • 戦略コンサルタントとしての仕事
  • オンラインサロンPlayers
  • Himalaya(音声配信サービス)
  • Twitter

これだけ聞くと、「戦略コンサルタントじゃないし、オンラインサロンを運営していないし、Himalayaで音声配信をしていないから参考にはならないな」と思うかも知れません。

でも、ちょっと視点を変えてみてください。

  • オンラインサロンで学んだこと
  • Himalayaなど音声配信サービスを聞いて学んだこと
  • Twitterのツイートから学んだこと

このように、学んだことベースでも記事ネタにすることはできるはずです。

ネタを全てパクるという意味ではなく自身の経験を掛け合わせつつ記事にすれば、独自性も出せますし。


私はつい先日、ShinさんのHimalaya音声を元ネタに「仕事ができる人になるための考え方・特徴とは?」を書きました。

元ネタがあった分とても書きやすかったですし、ブログとしてまとめることで聞いた内容を腹落ちさせることもできました。

学んだ内容をアウトプットする場としてブログを活用することで、学んだ内容の理解を深めつつ記事にもできるので一石二鳥なのではないでしょうか。

分析3:自分で限界を決めない

Shinさんはこのチームを通して感じたことを、以下のようにツイートしています。

色んな理由で自分に限界を決めてしまうケースって多いですよね。

継続して何かを続けているときに陥りがちなのですが、「できる範囲を自分で決めつけてしまって、それ以上挑戦しない」というのはとても勿体ないです。

「1日に1記事が限界」が気づいたら「1日1記事さえかけばいいや」となってしまうと、せっかくもっと書けるようになるチャンスをつぶしてしまいますし。

毎回無理して限界に挑戦する必要はありませんが、1度限界を決めずに挑戦してみるのはいかがでしょうか。

補足:Shinさんが意識している3000文字を30分で書くためのテクニック

最後に補足ですが、Shinさんはご自身のブログで「30分で3000字書くための方法」をまとめています。

とても参考になる情報が多いので、こちらも併せて読むのがおすすめです!

>> 30分で3000字書くためにぼくがやっている4つのこと

まとめ

今回は、Shinさんが3日で21記事書くために意識していたことを分析し、解説しました。

3日で21記事は凄すぎる気もしますが、これも自分が限界を決めている「」なのかもしれません。

ブログは孤独な作業なので、チームを作って刺激し合いつつ、期間と目標を決めて挑戦してみるのはいかがでしょうか。


Playersは「仕事の悩みを解決する」を目的としたオンラインサロンですが、ブログに熱を持っている方も多いです。

チームは誰でも発足可能かつ6人体制なので、濃いメンバーで何か挑戦したいと思っている方にはめちゃくちゃおすすめです。

興味がある方は「仕事の悩みを解決するオンラインコミュニティ「Players」とは」からどうぞ。

ではでは。




仕事の悩みを解決するコミュニティ
Players