Playersを気軽に活用する3つの方法を教えます

こんにちは。「players一番のギャンブラー」ことイケダタカヒロです。
playersに入ったはいいけど、何をしたらいいのかわからない。
幽霊部員になりがち。
playersに入りたいけど、活用できるのかどうか心配。

そんな方向けに書いています。

playersを継続し、活用し尽くすことによって、
あなたの人生で望むものを手に入れることが可能です。

大切なのは、いきなり成果をあげることではありません。
継続することがすべてです。
成果=継続
ということです。

では大切なのはいかに継続することであるか。
過去に継続できなかったことと継続できたことを実際に振り返り、違いを発見することができました。
この経験から継続するためには具体的にどのようにしていったらよいのか。
継続するための実践的な方法を紹介していきます。

なんでこんなこと教えるの?

・ぼく自身playersに入って人生が変わった
・もったいない使い方をしている人が多い
・もっと多くの刺激を受けたい

ぼく自身playersに入って人生が変わった

そもそもなんでこんなことを書いてるのでしょうか?
一番の大きな理由は、ぼく自身がplayersに入ることによって、人生が変わった一人だからです。
もともとうつ病で、ギャンブル依存症。借金だらけで明日の希望もない。
そんなお先真っ暗な人生を過ごしていました。

そんな中、何かを変えなきゃと思ってブログをはじめようと思うも
作っては続かず、作っては続かず。
かれこれ5年くらいそんな状態が続いていました。

そんな何にも続かないダメな自分が
playersに入っていろんな人に助けられながら、ブログが継続できるようになったんです。

まだ生活できる金額には大きく及びませんが、ブログでの収入が少しずつ発生するようになってきました。

みんなそれぞれ何か特別な想いがあってplayersに参加しているはずです。
もしくはこれから参加したい。と思っているはず。

自分がplayersに入って人生が変わったので、
自分のように悩んでいる人の力になりたい。
一番の大きな理由です。

もったいない使い方をしている人が多い

コメントも何もしない。
980円使っているのにもったいない!という人があまりにも多いのです。
最終的にどんな使い方をするのかはお金を払っている個々の自由ですが

ぼくからひと言言わせてもらうと
「もったいねぇええええええ!!」

もうそれは、それはとにかくもったいないんですよ。
450人も参加しているにも関わらず、実際に活動しているなーと感じるのは100人もいません。
多くはコメントを見るだけのROM専。リードオンリーなメンバーばかりなわけです。

もっとコメントをして、使い倒して、周りの人に甘えてしまえばいいのに!
と思うことが増えてきております。

というのも、ぼくがplayersに入って変わったきっかけが
「コメントをするようになってから」

だからです。
コメントにいいねをしてくれたユーザーさんに勇気を出してメッセージを送ってみて、
そこから会話するようになって、
交流が深まって、
東京のオシャレなカフェでしゃべって、
いまでは記事の執筆を任されるようになりました。
(自分でもびっくり)

もっと多くの刺激を受けたい

コメントをしてくれる人が増えたら、ぼくの刺激も増えます。新しいことを知ることができます。
今は思いついてない面白い何かを発見できるかもしれません。
アクティブユーザーが増えることで、ぼく自身が誰よりも嬉しいです。

そんな理由があって
継続していく方法ついて、具体的な方法を紹介したいなと考えているのです。

継続することについて大切な3つのこと

一人でなんでもやろうとしないこと。
環境が何よりも大事です。

世界的な経営コンサルタント大前研一さんの言葉を借りましょう。
私が言うより10000倍説得力があります。

大前流自分を変革する3つの方法

私が昔から使っている簡単な方法が3つある。
時間配分を変えること。住む場所を変えること。そして付き合う人を変えることである。

時間配分を変える。
住む場所を変える。
付き合う人を変える。
この3つについて、私の実際の体験をふまえ見ていきましょう。

時間配分を変える

一日のはじめに、一番重要なことをやってしまうということです。
朝起きて、やりたいこと、やるべきことをやってしまう。
そうすれば夜はのんびりしていても構いません。

<コンビニ店員を脱出する方法>
ぼくの仕事はコンビニ店員です。働き始めてから5年になります。
アルバイトの人よりは給料はもらってますが、
収入も少なく、有給休暇は1年に1日もありません。もちろんボーナスもありません。

年末年始はもちろん、お盆も休みなどは一切ありません。今年の大晦日も、来年の正月も仕事です。

もともとうつ病で、借金だらけのホームレスだったぼくがたまたまアルバイトで入ったコンビニ。
社長に大切にしてもらって、社員になって今のようなちょっと良い待遇に。

ブラックかもしれませんが、別にブラックだとは思っていません。
ホームレスで寝るところもなかったぼくは、十分に救われてます。

ギャンブル依存症になって、大学へは行かなくなってしまって中退しました。
現実的に条件のいい転職先など、あるはずもありません。

でもこの先何十年も仕事を続けていくことを考えたら、
何かアクションをしていかなければならないと考えています。

ぼくが一番優先して取り組みたいことは、ブログの執筆です。
ぼくはブログを書いて、そこから収入を得たいなと思って取り組んでいます。

playersには実際にそれを実現しているフリーランスの方が多くいます。
刺激を受け続けられるのも魅力の1つです。

とにかく朝起きたら、ブログを書く。
仕事に行く前に、必ずブログを書くようにしています。
書けても書けなくても、ノートを開いて作業にとりかかること。

これを習慣化することで、見事に継続への道を開くことができました。

仮にブログで稼げたとしても、
仕事を辞めるつもりはありません。
コンビニでの仕事は自分に向いているようで、
毎日いろんなお客さんが来るので、とても楽しいです。

「働かなくては生きていけない」
こういう状態からは少なくとも解放されたいと考えています。

人生は1度きり。仕事はしてもしなくても生きていける。
選択肢を持って
やりたいことをやれる時間を持ちたいので、ブログはなんとしても継続させていきます。

住む場所を変える

3つの法則の中で、自分が一番意識したことです。
といっても住む場所は急には変えられないので、環境を変えました。

ぼくは昔から飽き性です。
数多くのことをはじめては、それに近い数だけ続かずに途中で放り出してきました。

小さいときは、水泳、ピアノ、野球、囲碁、習字などなど。
両親はぼくがやりたいことに対してNOということはありませんでした。
数多くのことをやらせてくれましたが、どれも中途半端。

大人になってからもこの現象は続きます。
英語、中国語、韓国語、税理士、多くの資格の講座にローンを組んで申し込みしました。

その中から見えてきた
継続できたことと、できなかったこと。

いきなり住む場所を変えるのは難しいので
(ホームレスだったときは、住む場所を変えるのは無理ですw)
作業環境を変えていく方法を具体的に考えてみましょう

<税理士試験での失敗>
ぼくは過去に税理士の資格取得を目指して勉強していました。
が途中で挫折。

最初の半年くらいは勉強が続いたものの、そのあとモチベーションはどこかえ消え去り、
すっかり勉強からも遠ざかってしまいました。

試験当日は、
落ちるのが恐くて結局会場へ行く途中で帰ってきてしまうという始末。
残されたのは多額のローンと大量のテキストたち。

<税理士の資格は、インターネットの通信講座を申し込みました>

理由は主に2つ
・会計士の資格を取った大学時代の友人がその通信講座を利用して勉強していたこと
・価格が安かったこと

税理士試験は年月がかかるうえに、50万円以上はする高額な講座です。
コンビニ店員の貧乏な自分には当然支払いできるわけもなく諦めるしかありませんでした。

そんな中いろいろ探していると、
大学に通いながら、通信講座を受けて会計士になった友人の話を思い出しました。

調べてみると通信講座は半分以下の価格。
20~30万円程度で受講することができました。

だが、そこには罠が待ち受けていたのです。

<ジムでの成功体験で人生が変わった>
ぼくはジムに行くことによって10年以上運動してこなかった自分を打破することができました。
それは環境を変えたこと。これが一番の理由です。

運動が習慣になった今でも、
自宅では運動できないので、ジムに通います。
ジムへ通うことを目標にしています。
通えば運動するし、通って運動できなくてもOK
ジムにはジャグジーがあるので、
お風呂にだけ入って何もせず帰ってくる日もあります。

<2つの違いは、自宅か、そうじゃないか。>

ジムに通うことが成功したので、あらためて振り返ってみました。
継続できたことと、できなかったことの違いはなんだろう?

税理士試験の勉強が継続してできなかった原因。

安さに目を奪われて、一番重要な「本当にこれで継続できるの?」
という視点を見逃してしまっていたのです。

高いか安いかで判断すべきではなく、
継続しやすいか、そうでないかで判断すべきでした。

<ぼくの自宅には誘惑グッズがいっぱい>
外ではいい子ちゃんな自分。自宅に帰ると途端にスイッチがオフになります。
まんがもあるし、好きなだけぐうたら。

なので家では極力何もやらないことにしました。
お金はかかりますが、家でなんにもできないよりはいいのです。
外へ行き、お金も使って、それ以上のリターンを稼ぐことを目標にする。

家でこつこつ作業ができないという人は、
思い切って家では作業をやらない!と決断してしまうといいでしょう。

<自分のブログにも適用しました>
自分は自宅では何もやらない。継続したいことは外でやる。
こういう決断をしてから、自分の作業はどんどんはかどるようになりました。

考えることはシンプル
自宅でやらず
外で継続できる環境を作ってしまえばいいのです。

今はブログが優先順位が一番で、何よりも継続したいことになっています。
ブログも自宅ではやらないようにしました。

記事はカフェで書く。
見直しもカフェ。
考えるのもカフェ。
カフェ代はかかりますが、何よりも継続できることが優先なので、
これは自分にとっては必要経費です。

こうやって自分の中に継続できるサイクルができてきて、
何か継続したい習慣がある場合は
とにかく自宅の外でやる。

今後も必ずこの法則を適用していきます。

付き合う人を変える

付き合う人を、職場の人や愚痴ばかりの友人から、
playersの友人に変えましょう。

playersを活用するに尽きるといえるでしょう。
コメントをすれば返してくれる人がいるし、
時間的にも金銭的にも成功している人も多いので、積極的な質問には返してくれる。

ネットワークビジネスなどに誘ってくる「成功してる人に会わせてあげるよ!」
という近所の友達よりも10000倍説得力がある。

具体的かつ実践的にplayersを活用する方法

まずは自己紹介+スレッドにコメント。
興味あった人には積極的にメッセージ+友達申請。
雑談を積極的にしましょう。

たった一人の出会いによって、ぼくの人生はがらっと変わりました。
コメントをして、いいねをくれた人がいたんです。
フリーランスの方で、勇気を出して教えてください。ってメッセージを送ってみました。

そこから付き合いが広がって、カフェで直接いろいろ教えてもらう時間ももらいました。
更に今ではこのブログの執筆に携わらせてもらえるようにまで。

playersに入ってる人は、心のどこかで人とのつながりを求めている人が多いです。
じゃないとオンラインサロンには加入しませんからね。

だから拒否されるということはあまりありません。
自分が興味ある人には、積極的にコンタクトをとっていきましょう。

<まずは雑談からはじめてみよう>

ぼくの1日は、playersのメンバーと雑談していることがほとんどです。
会話の内容がぽんぽん飛んでいくのでついていくのが大変ですが、
自分の知らないことばかりでとても刺激を受けることができます。
その中から新しいやりたいことへのヒントが見えてくることでしょう。

なので有効的にplayersを活用したい!と考えている人は、
成果を出そう、成果を出そう、と欲張らずに

まずは雑談からはじめてみるのはいかがでしょうか。

playersで雑談をしながら、付き合う人を変えていく!

これが最速で結果を出す近道です。




仕事の悩みを解決するコミュニティ
Players