その転職エージェント信用できる?地雷転職エージェントの特徴5選

こんにちは、players公式ライターのわたです。

最近では転職をするのも当たり前になってきて、この記事を読まれてる方の中にもすでに転職エージェントを利用してる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

転職エージェントを上手く活用できれば、転職活動を有利に進められたり、精神的に辛い場面でもサポートしてくれる心強い味方になってくれます。

ただ、全ての転職エージェントが良心的で心強い味方でなってくれるわけではありません。

中には転職エージェントにふさわしくないエージェントも一部存在します。

ぼくも転職活動していた時に、良くも悪くもさまざまなエージェントに会ってきました。その時に何度か不快な思いをしたり、周りで転職活動した人からも悪い話を聞くことがあります。

転職は、人生を大きく変えるターニングポイントにもなります。

そのため、転職を決意されたのであれば、是非信頼できる転職エージェントを利用して欲しいと思っています。

企業選びも大切ですが、それと同じくらい転職エージェント選びもとても大切です。

そこで今回は、ぼくが見てきた地雷転職エージェントの特徴や地雷転職エージェントに合った場合に取るべき行動についてお話します。

転職エージェントははっきり言ってピンキリ。地雷転職エージェントには要注意

非常に残念なことですが、転職エージェントが増えてきたこともあり、キャリアコンサルンタントとは名ばかりの似非キャリアコンサルタントがいるのも事実です。

転職エージェントははっきり言ってピンキリです。もちろん、中には今後も付き合っていきたいと思える素晴らしい転職エージェントも存在する一方で、求職者のキャリアを真剣に考えてない、向き合ってないエージェントも存在します。

そんな転職エージェントに会ってしまうと、受けたくもない会社を受けることになったり、意図しない転職をする羽目になり、本来は転職しない方がいいのに転職してしまう…なんてことにもなりかねません。

自分と相性の良い転職エージェントを利用できるかは、転職の成功にも影響します。ここは妥協しないで探して欲しいと思います。

地雷転職エージェントの特徴5選

 

スカウトメールに特別感が感じられない

リクナビネクストやマイナビなどの転職サイトに登録すると、転職エージェントからスカウトメールが来るかと思います。

あの大量に来るスカウトメールをさすがに全部見てる人はいないと思いますが、この段階である程度転職エージェントを見極めることが可能です。

ぼくはスカウトメールのタイトルと文面でその転職エージェントと会うべきか否かを見極めています。そして、この仮説はほぼ的中してました。

試しにあえて明らかにテンプレのスカウトメールを送ってきた転職エージェントにも検証のために会ったことあるのですが、ヒアリングが甘かったり、求人をただ紹介するだけだったり、随所に雑さが見られました。

時間がある時に転職エージェントからのスカウトメールをよく見てみてください。

ちゃんと文面を見てみると、明らかにこれは誰にでも送ってるというのが分かるメールがあります。

じゃあ、どんなスカウトメールがテンプレなのかここで見極めのポイントを紹介するので、下記を参考にしてください。

  • 転職エージェントやキャリアコンサルタントの特徴や説明だけになってないか
  • 成績自慢だけになってないか(例、転職エージェントランキング1位、満足度3位など)
  • 添付求人があまりに希望とかけ離れてる

このようなスカウトメールは他の人にも送ってる可能性が高く、何通も来るのですぐに分かります。

もちろん完璧なスカウトメールはありませんし、部分的にテンプレ化する分には問題ありません。

ですが、あまりにもひどいスカウトメールと工夫がなされてるメールは見ればすぐ分かります。

逆に、下記のようなスカウトメールなら返信する価値があります。

  • 経歴やスキルセットのどこに興味を持ったのか具体的に書いてある
  • 上記に合った求人票が添付されている
  • 概ね希望から離れてない

スカウトメールの返信率ってかなり低くて、平均で10%くらいなんです。経歴をわざわざ見て、文面もカスタマイズする必要があるので、メールを打つのに時間がかかります。

メールを工夫してるか否かである程度エージェントの質が判別できます。これが全てとは言いませんが、転職エージェント選びの一つの指標にはなります。

求人の数で無理矢理押し込んでくる

先に言っておくと、求人の紹介数が多いのが一概に悪いとは言いません。まだ第二新卒のように経歴が浅い人や未経験の業界・職種に応募するなら母数が必要になってくるので、数で勝負するのは分かります。

そのため、全面的に否定するわけではないのですが、明らかに無理めな求人やたくさん求人を紹介して不安を煽って「とりあえず全部受けましょう!」みたいに言ってくるエージェントは要注意。

あと、こっちがまだたいして話をしてないのにいきなり大量の求人票を持ってくるのもアウト。

よく「書類通過率は3割」と言われますが、鵜呑みにしないでください。その人の経験やスキルセット、年齢や受ける業界・職種によって変わるからです。

例えば、20代の人で同業界・同職種の会社を受ける場合、書類通過率が3割は考えにくいです。少なくとも5割は超えるはずです。

ぼくの時は、この条件の場合は8割超えてましたし。

ここでのポイントは2つあって、

  • ただ求人を紹介して終わりではなく、求人を紹介しながら条件の擦り合わせをちゃんとしてるか
  • 最終的に今後の転職活動の方向性を差し伸べられるかどうか

です。

この2つができていれば、問題はないかと思います。

他の転職エージェントを利用しないように言ってくる

これはぼくが実際に経験した話なんですが、以前登録した転職エージェントから「他のエージェントは使わず、うちだけで進めてください」と言われたことがあります。

もうこれを言われた時点でこのエージェントには見切りをつけてたのですが、試しに理由を聞くと、「管理や日程調整が煩雑になると混乱するから」と言われました。

紹介する企業が他のエージェントと被ったり、面接の日程が被るとやりにくくなるのは理解できますが、これは完全にエージェント側の都合です。

そもそも1社しか使っちゃいけないという決まりや法律もないので、騙されないでください。

ぼくは前職も人材業界にいたので、こんなこと言ってくるエージェントが実際にいることに驚きました。

もしあなたが利用してるエージェントが、ぼくが利用したエージェントと同じようなことを言ってきたら、利用は控えた方が無難です。

完全に自分のところで決めようとしてる魂胆が見え見えだからです。

また、転職エージェントは1社だけでなく、必ず複数利用することをおすすめします。

というのも、エージェントによって得手不得手や保有してる求人が違ったり、同じ会社を受けるのでも内定率も変わるからです。

この辺の話は割と大切な話なので、また別の機会に詳しく書こうと思います。

 

紹介求人のメリットしか話さず、デメリットを話さない

やたら良いことばかり話して、その求人や企業のデメリットを話せないキャリアコンサルタントがたまにいます。

あえて話さないのか、知らなくて話せないのか分かりませんが、どっちにしてもキャリアコンサルタントとして失格です。

「この会社は成長していて今伸びてます」、「この会社に入れば市場価値上がります」など良いことばかりしか言わないようなら要注意。

これらは嘘ではないにしても、必ず何かしらデメリットもあるはずです。言い方は悪いですが、どんな会社も少し疑って見た方がいいと思ってます。

この世に完璧な会社なんてあるわけないし、良い点もあれば悪い点も必ずあります。そして、誰にとっても良い会社は存在しません。

良心的なコンサルタントであれば、「〇〇さんがこの会社に入れば今の希望を叶えられますが、その代わり1年目は年収が下がることは覚悟してください」というように、デメリットも伝えてくれるはずです。

「この会社や仕事の大変なことってどんなことですか?」、「この会社のどこが自分に合っていると思いますか?」

といった質問に答えられるかで、企業に深く入り込んでヒアリングできてるのか大体掴めます。

もちろんコンサルントと言っても会社のことを全て知ってるわけではないですが、最低限紹介する企業の良い面だけでなく悪い面や大変なことなどは知っていて当然です。

それが分からないとなると、ぼくなら不信感を抱きます。

内定時のクロージングが強引

内定が出た瞬間に、「他は全部断ってここで決めましょう」、「数日以内に決めてください」みたいに執拗に迫ってくる企業からの選択や考える余地を与えない転職エージェントはアウトです。

これはぼくも経験があって、過去に内定時に強引にクロージングを迫られたことがありました。あとで当時利用していた他の転職エージェントに聞いたら、紹介されてた会社の離職率が高く、評判が良くないところでした。

転職エージェントはボランティアではなく、ビジネスです。彼らは求職者を転職させ、その対価として企業から求職者が内定時に提示される年収(理論年収)の3割をもらうビジネスモデルになっています。

例えば、年収400万円提示された人の転職を成功させたら、400万円×0,3=120万円。要は、転職させないと商売にならないのです。

ビジネス感覚と求職者のことも真剣に考えてる良心的なエージェントなら、選ぶ余地を与えてくれるし、期限に関してもたいてい5日くらいなら待ってくれます。そして、迷ってるなら親身に話を聞いてくれるはずですし、無理な転職も勧めてきません。

今は売り手市場で、並行して何社も受けている人の方が多いですし、内定が出た時点で求職者の方が立場は上です。

本当に採用したい人なら、相談の余地はあります。

それすら相談できない企業や転職エージェントなら、そもそも辞退も考えた方がいいでしょう。

 

転職エージェントが合わないと感じたらやる2つのこと

 

担当を変えてもらう

ぼくの時は担当変更を申し出ず、この後話す転職エージェントの利用自体をやめたのですが、たまたまそのキャリアコンサルタントと合わなかったという場合もあります。

例えば、まだそのコンサルタントが若手で慣れてないとか。

まあ、こっちからしたらそんなこと知ったことちゃないよって話なんですが、新卒や転職してきたばかりで知識や経験が浅いコンサルタントもいます。

大手や中堅規模の転職エージェントなら、コンサルタントが多く在籍してるので担当変更を申し出れば受け入れてくれます。

ただ、これが中小で数名でやってるエージェントだと難しいかもしれませんが、担当変更を申し出るのも一つの手だということは覚えておいて損はありません。

担当変更を申し出る時は、理由も聞かれると思うので、そのキャリアコンサルタントとエージェントのためにも何がダメだったのかはっきり言ってあげてもいいかもしれませんね。

その転職エージェントの利用自体やめて、他のエージェントを利用する

先程書いたように中小のエージェントとかだと数名や一人でやってるケースもあります。むしろ、転職エージェントはこっちの方の割合が9割です。

良くも悪くも転職エージェントはたくさんあるので、合わないと感じたらそのエージェントを無理に利用する必要はありません。

どんなに興味のある求人を紹介されても、その場では「検討します」とか言って応募せず、その後こちらから連絡しなければいいだけの話です。

それより自分と相性の良い転職エージェントやキャリアコンサルタントを見つけることの方が大切です。

そこで支援してもらった方が、結果的に転職成功の確率が上がります。

 

転職エージェントは何社か登録してそこから絞っていこう

個人的には、まずは大手含めて複数の転職エージェントに登録することをおすすめしています。数で言うと、最低でも5、6社くらいは登録し、そこから半分くらいに絞っていくのがいいかと思います。

逆に、あまり多いのもおすすめはしません。

一発目から自分に合ったエージェントに巡り合えればいいですが、そうもいかないこともあるし、スカウトメールの文面だけでは良くも悪くも分からない部分もあります。

大切なことなので最後にもう一回言いますが、転職エージェントを利用する場合、キャリアコンサルタントとの相性がめちゃくちゃ大切です。

この記事がこれから転職される方の参考になれば嬉しいです。

ブログでも発信しているので、こちらもどうぞ!




仕事の悩みを解決するコミュニティ
Players