2月のランニング報告。続ける力よりも、再開する力の重要性を知った1か月でした。

春が来るたびに思い出すように
Hysteric Blueの春~spring~を歌う池田たかひろです。

2月のランニング報告です。
1月の振り返りはこちらを読んでください。
playersだからできた!ただのコンビニ店員が1か月で約100キロ走破。その理由を分析してみる。

2月は重たいノートパソコンを担ぎながら走りました

Playersに入ってプログラミングの勉強をスタートし、
2月初めにブログを書くために新しくノートPCを買いました。

なんと、そのノートPCは、
MacBookおじさんに恵んでもらっちゃいました!!
(パチパチパチパチ)

恵んでくれたMacBookおじさんはこちら

 

 

なんて言えたら格好いいんですけどね。

 

 

才能あふれる若者だったら可能性もあったのでしょうが、
ぼくは、才能あふれず、借金ばかりあふれかえっている人間でした。

映画「君の名は」

2016年に流行した作品ですが、見た人は多いかと思います。
前前前世って曲が流行りましたよね。
ぼくもカラオケでよく歌うんですが、

(前前前世から僕は、金を返し始めたよー♪♪)

なんてカラオケで替え歌歌っちゃってますからね。
(あいたたたたた・・・)

人生の舵取りをどこで間違えたんだろう??
それくらい、お金には縁のない生活を送っております。

ていうかぼくもう29歳なんですよね、今年30歳になるんですよね。

ぼく、おじさんなんですよね。

MacBookおじさんより自分のほうが年齢上なんですよね。

29歳のおじさんが自分より若いおじさんにMacBookをもらうわけにもいかず。

そのためMacBookおじさんのような人には巡り合えず。

 

前世は金持ちだったはずなのですが、今世ではお金に恵まれていないようなので、
当然自力でMacBookを買うような資金も持ち合わせておらず。

 

<現実世界>
1月の後半、中古のPCショップにて、

「新しく何を買おうか?」

ただただ安物の中古のノートパソコンとにらめっこしていました。

結構通い続けたので、店員さんからいろいろ聞きだすことに成功。
その結果、重たくて持ち運びには優しくないけれども、なかなかのスペックのPCを購入することができました。

そして、それに合わせて自宅の近くに作業用の自習室も借りることに。

これで正月から通い続けた、ネットカフェの日々から卒業や!!

ノートパソコンは買ったけれども、走る習慣も続けたい。
1月に、

「走る習慣が身に付きました!」

と偉そうに宣言しといて、
1か月しか続かなかったのでは恥ずかしすぎる。

 

かくして2月は、寒空の下で、
重たいノートPCを担いで走る日々がスタートしたのでした。

 

思うように走れず、苦悩の日々が続きます

「重てええええええええ、ホント、嫌。」

この(ポンコツ)PC本当に重たいんですよ。
軽くてハイスペックなクールなPCを買う余裕のない
金のないぼくが完全に悪いんですけどね。

 

担いで歩くだけでも重たいのに、
なぜわざわざ走らねばならないのでしょうか。

苦行に苦行を重ね合わせる。
ぼくは、修行僧か何かを目指しているのでしょうか。

 

突然でかいリュックを担いで仕事にも行くようになったので、
職場では皆に「荷物多すぎじゃね?」とツッコまれ。
池田さんは、廃棄弁当をたくさん持って帰りたいんだよ。と怪しまれ。

 

街中ではでかいリュックを担いで走っているものだから
すれ違う人からの冷たい視線。

そして今年はなぜか、異常に寒い。

冷たい視線に冷たい空気に、
コンビニでは冬なのに大量のアイスを買う謎の人々。(理解できん)
そんな人々のおかげで大量のアイスを売り場に並べねばならず、
ただでさえ寒いのに、さらに冷たい思いをしなければなりません。

 

こんなにもぼくの周りは冷たいものだらけで
走ることが次第にストレスに感じるようになりました。

気が乗らず、走りたくないなぁ。という日が続いて、
気が付けば、家と職場は自然と1駅分の電車を乗るように。

 

コツラン最高だぜ!
と言っていた自分がコツコツ電車に乗るようになっていました。(コツデン)
ランニングの習慣は副業に応用可能。その具体的な方法を紹介します。

 

走りたいけど、思うように走れない。
そんな日々が続き、2月も中ごろ、
このままでは思うような距離も走れず、
目標達成もいよいよ赤信号か??

このまま投げ出してしまおうか・・・

そんなよからぬ考えが頭をよぎってきます。

 

名noteに出会って行動に変化が

そんな中、いつものように惰性で、無駄にネットサーフィンをポチポチ。
いろんなページを見ていると、とあるnoteに出会います。

「続ける力」よりも大切なのは「再開する力」だ!

いやぁいいこと言ってくれるぜ。
何度救われただろうか。何度見返しただろうか、このnote

これからの時代はいろんな情報がとてつもないスピードで流れ、
今より多くのことに興味を持つと思います。
新しいことをたくさんはじめて、やめることもたくさん出てくるだろうと。

そんな中で、この

「再開力」

 

というのがキーワードになりそうだな。と感じました。
要約すると、こんなことが書いてあります。

  • 今日1日でやめちゃったとしても、今日1日やることはいいこと。
  • 無理して続ける必要ない
  • いつでも戻ってこれるようにしておく
  • できなかった自分を責めない

ぼくは自己肯定感が低い人間です。
これは、ホームレスをしていたころに周囲の冷たい視線を感じ、
長いことうつ病で苦しんでいたことから、生まれた劣等感が原因です。

長い期間かけて作られてしまった劣等感は、
良くないとはわかりつつも、治療する術を知らない不治の病のようなものです。

そんな風に自己肯定感が低い自分にとっても、
「再開する力」というのは
とても取り組みやすいなと感じました。

 

無理して続けなくても、また再開したらいいや。
と思ったらなんだかとても気が楽になってきて、
目の前がぱっと明るくなってきた。

気が付けば、
再開するために、どういう風な取り組みをしたらまた走れるだろうか??

前向きに物事が考えられるようになっていました。

 

ランニング作業を細かく見積もりしてみた

実際にやったこと。
ランニングに対して、
作業見積もりを細かく作りました。

 

2月走ることにした目標は60キロでした。
2月は28日しかないこともあったし、何より寒い冬は、こたつが恋人。
目標達成の基準は低く見積もったつもりでしたが、
月の半分で20キロしか走れていませんでした。

20キロも走れた!0からしたら偉いじゃん、自分偉い!
と褒められたら本当は、いいんですけどね。

この時点では、まだ20キロしか走れてない!自分ダメダメだ!
こんな発想になってしまっていたのです。

具体的に残りの40キロをどうするか、どうやって達成するのかを考えたときに、
runtasticアプリで距離を計測していたことが役に立ったのです。

記録をもとに、目標の見積もりが簡単にできた

1回あたりの平均が1.5キロだから・・・
10回で15キロ
30回で45キロ

これで65キロになります。
つまり30回走ることができれば、無事目標達成です。

日数が2月の半ばを過ぎているから、
走れる日数は10日くらいしかありません。

仕事の行きと帰りに、通勤の強制力を生かしてランニングすることにしています。
行きと帰りで20回は走れるから、残りの10回をなんとかすればいいことがわかります。

つまり空いた時間に10回走ることができれば、無事目標達成です。

1.5キロ走るのにかかる時間は、ゆっくり走って10分ちょっとで済みます。

つまり仕事以外の空いた時間に、10分だけ走りに出かけるだけで、無事目標達成です。

毎日空き時間に10分だけ走る。これだけで達成できるじゃないか。
なーんだ。簡単なことじゃん。

あれ、楽じゃね?とだんだん思えてきました。

と細かく考えてみたら、急激に楽ちんになったのです。

 

Players内のチームで、堂々と宣言だ!

再開力をつけるためには、チームで宣言しちゃいましょう。

あとはPlayersのチームで自分の目標と、活動を宣言するだけです。

走れてない人は走れてません!と正直に宣言するだけで十分だと思います。

走れてません!
と周りに告白するのは、結構勇気がいります。
なぜなら格好悪いからです。
昔のぼくにはできなかったことです。

以前のぼくは、できてないこと、やってないことを知られるのが恥ずかしく、
ひたすら秘密に、隠し通してきたのですが
ある日を境に

何でも言っちゃえ。

こういう発想になった途端に、心が軽くなりました。
チームのメンバーにはうるさく思われてる方もいるかもしれませんが、
んなの知ったこっちゃありません。

ぼくが出来てない、やってないと宣言することで自分自身のモチベーションもアップするし
同じように出来てない、やってない、そういう人がいたら

「ああやべえな」
「俺もやらないとな」

こう思ってもらえればしめたもの。

とにかく継続こそ大事だ!と思ってきたわけなんですけども。

継続じゃなくて、大事なのは再開することだったんだなぁ。

 

  • 走りたいです!
  • ブログやりたいです!
  • 英語の勉強したいです!
  • プログラミングやりたいです!

 

これ、みんな思ってます。
(そんなんやれたほうがいいに決まってます)

そして、最初はみんなモチベーション高くチームに参加します。

しかしいつの間にかモチベーションは下がり、日々の忙しさに追われ続け、
思うように継続もできず、いつしか目標はなかったことに。

チームではできてない自分が発言するのは恥ずかしいのか知りませんが、
大半の人が何も言わずにフェードアウトしていってしまいます・・・。

フェードアウトせずに、一言できてません!やってません!
というだけで踏ん張りが利く人間になれるのではないでしょうか。

この踏ん張りこそが、再開する力につながるのでしょう。

 

2月のトータル距離と、その振り返り

最後になりますが、トータルで走った距離と、その細かい内訳を載せておきます。

2月は82キロ走りました。

    • トータル距離

82キロ

    • 回数

49回

    • 1回あたり距離

1.67キロ

    • 1回あたり所要時間

12分

こうしてみてみると、
1回あたりの距離が1.5キロで
1回あたりの所要時間が10分くらいだと
見積もった自分の憶測はあまり的外れではなかったようです。

現在やっていることを記録したデータをもとにして目標を立てるというのは、
自分が実際にやっていることなので
苦労せず達成できそうですね。
(苦労ばかりの人生ですが、苦労はしたくない人間です)

5キロや10キロ走ろう!と思うよりも、

12分走るために外に出る回数を5回増やそう。

こういう発想になることができたのが、2月に走れた大きな理由だと思います。

続ける力よりも、再開する力を活用して

長い目で、成果をあげていけたら、最高ですね。




仕事の悩みを解決するコミュニティ
Players