ブログを活用したアウトプットにはいくらの価値があるのか?検証してみた。

こんにちは。最近はアウトプットアウトプット・・・と、呪文のように毎日唱え続けている池田たかひろです。


アウトプットには、どれだけの価値があるのでしょうか?
Players代表であるShinさんも口酸っぱくいってますが、アウトプットの重要性は既にみなさんがご存じかとおも
います。
しかし、気になったことありませんか?
アウトプットには、いくらくらいの価値があるの?ということです。
ぶっちゃけなんぼやねん!

そこで今回はアウトプットの価値を、ブログを例に具体的に考えてみたいとおもいます。

(1)金銭的な価値

まずみなさん気になるのはいくらくらいの価値があるのかということだとおもいます。
初心者ブロガーが目指す金額でよくいわれるのは1万円です。
ここに到達するまでにたくさんの人がブログを立ち上げては続かずに挫折し、やめていってしまいます。
そこで1万円のブログの価値について具体的に考えてみたいと思います。
月額1万円稼ぐブログはいくらくらいの価値になるのでしょうか?
まず一般的な資産運用について考えてみたいとおもいます。

1億円の資産を年利3%で運用した場合

年間300万円が収入となります。
⇒<計算式>1(億円)×0.03=300(万円)
贅沢しなければ、働かなくても生きていけそうな金額ですよね。
貧乏人の池田さんなら間違いなくやっていけます。
余裕です。
しかし1億円の元本を用意するのは並大抵のことではありませんし、達成は厳しい。
年間300万円貯金しても、30年かかりますからね。
現在30歳の池田さんは、60歳のいい年したおじさんになってしまいます。
世間からはおやじと呼ばれ、髪もハゲているかもしれません。電車でも触ってないのに痴漢を疑われ、肩身の狭い思いをしたり、あのおじさんキモくね?などと街中では女子高生に噂されているかもしれません。さらにこの世にいない可能性すら否定できません。

いやー、歳はとりたくないものですね。しかし時の流れには逆らうことはできません。
現実と向き合うしかないのです。

いまから30年間300万円ずつ貯金をするのは現実的ではありません。
<毎月25万円の貯金が必要>
年間300万円を貯金するためには、毎年25万円ずつ貯金する必要があります。
現在の私の月収は税金やら社会保険やらの引かれる前で30万円前後、手取りで20万円台、年収は300万円台です。
貯金300万円するんだ!と声を大にして騒いだところで、そんな金どこにあるの?といわれかねない状態。実家で1円も使わずに紐生活をしながら全額貯金し続けるしかありません。30年こんな生活を続けたい!と願ったとしても、あんたいつまで家にいるのよ!出ていきなさいよ!と叱ってくれる親もこの世にいないかもしれません。

なので池田さんにとって1億円は少々スケールが大きすぎますので、話をより現実的にしていきます。地に足つけていこうぜ、俺。

1000万円の元本を年利3%で運用した場合

⇒<計算式>1,000(万円)×0.03=30(万円)
1000万円の元本を年利3%で運用した場合、年間30万円ほどの収入になります。
これなら現実的に見えてきそうなラインですね。
今年から貯金にいそしんでいる私の毎月の貯金額が5万円から多い月で10万円くらい。現在年間では100万円くらい貯まりそうなペースです。
10年で1000万円ためるというのはかなり現実的ではありますが、それでも10年という時が流れていってしまいます。池田さんは10年後には40歳になり、いい歳したおじさんになっています。竹之内豊のようなオーラある40代になりたいと願う池田さんですが、これも現実的ではない。

せめて金だけでも欲しい。
せめてもの願いです・・・。(切実)

月額1万円稼ぐブログは、400万円の資産を年利3%で運用するに等しい

だいぶ1万円に近づいてきましたね。
さて、年利3%という数字で考えた場合、月額1万円稼ぐブログというのは、月額1万円、1年では12万円の収入になります。先ほどの計算式を逆転させると、月に1万円稼ぐブログの資産価値を計算することができます。

⇒<計算式>10,000(円)×12(ヶ月)÷0.03=400(万円)
400万円の元本を年利3%で運用した場合、年間12万円の収入になります。

年間100万円ペースで貯金をすると、400万円を貯金するのに約4年。さらにその貯金全額を投資に回さなければ実現できません。多少の貯金は手元に置いておきたいので全額貯金するわけにもいきません。

1年、2年,ブログを一生懸命がんばって、月額1万円稼ぐブログを作ることは、一般的なサラリーマンには大いに価値のあることといえるのではないでしょうか?
さらに稼ぐブログをつくりながら、平行して貯金を行うことも可能です。
4年間かけて月額1万円ほど稼ぐブログを作ったとしても、400万円の貯金と、月額1万円のブログが手元に残ることになります。

Twitterなどで、よく見かけるつぶやきで

「半年でブログの月収10万円達成しました!」

などと自分の実績をアピールしている人も見かけますが、気にせず、自分のやるべきことを淡々とこなしていけばいいのです。

気にしなくて大丈夫!
ぶっちゃけフル無視でOKです。
周りと比べると苦しくなってしまうという人はTwitterを見ないというのもひとつの良い選択肢だと思います。自分のできるペースで、アウトプットを続けていきましょう。

影響力の価値

テレビの芸能人がお金を稼いでいるのは、影響力があるからというのが一口にあげられます。昔はテレビに出ている人しかこの影響力を手にいれることができなかったわけですが、いまや時代はネット主体になってきており、YouTuberがテレビタレントを上回るほどの影響力を手にいれる時代がやってきています。

ブログをやっていると、影響力が手に入ります。
わかりやすい例でいうと、Playersの代表であるShinさんが例にあげられるでしょう。

Shinさんはブログを通じて、

・オンラインサロンPlayersの運営(現在500人オーバーの参加者がいます)
・書籍2冊
・セミナーの運営
・雑誌やネットメディアの寄稿依頼

単なるお金としての資産価値だけではなく、ブログを通じてたくさんの影響力を手に入れています。
自分のやってみたいことや、これから進みたい方向で情報発信、アウトプットをし続けて影響力を手に入れていける可能性があるのも、自分のチャレンジを後押ししてくれるきっかけにつながりそうですね。

信頼の価値

ブログを通じてアウトプットをし続けていると、それだけたくさんの記事が積みあがっていきます。
2年、3年と同じテーマで記事を書き続けていった場合は、3年前に書いたことも自分の書いた実績として残ります。
外部の知らない人がはじめてあなたのブログを訪れた場合、継続しているあなたはそれだけ専門家としての価値があがります。

本業でFPをしている人の事例

ぼくが22歳の頃知り合ったFPの先生は、独立して個人事業主として活動されていました。
最初はお金のセミナーに行ったことがきっかけで、この人のことを何にも知らない状態でいったので、


単なる保険屋さんなのかな?
勧誘が目的なのかな?

と半信半疑でセミナーを聞いていました。
22歳の頃の自分は、自己成長を目的にたくさんのセミナーに顔を出していました。
そこで知り合う人はいろんな人がいました。MLM(ネットワークビジネス)をやっていた人もいたし、自分で会社をやっている人もいましたし、よくわからない謎めいた人もいました。
誘われると断れない性格だったので、自分の脳内に焼きついていたイメージは

セミナー = 勧誘

「この水がね~。すごいのよ~おほほほほ」

みたいなおばさんの話を聞いたこともあるし、
セミナーの後半になるにつれていよいよどんな商品が出てくるんだろう。楽しみだな。
みたいな気持ちでついて行ったこともあります。(どうせ金はないから安全)
ところがFPの先生の場合、セミナーが終わってみても、勧誘はなし。

あれ、何も出てこないの?

特に何かの商品を勧誘されることもなく、その日は拍子抜けして終わってしまいました。
後日個人的に時間をつくっていただく機会があってお金について勉強したいと申し出たところ、
「ブログにいろんな知識を書いてるから読んで勉強するといいよ」
とブログを読むことをすすめられました。
当時は気がつきませんでしたが、そのFPの先生は、何年も継続してずっとお金や投資、資産のことについて情報発信していたので、既にきちっとしたブランディングが既にできあがっていたのです。
その信頼から資産運用の相談だったり、保険の見直しだったり、さまざまな仕事を獲得していたのです。

アウトプットを継続することで、YouTuberのような派手な影響力はなくても、信頼という武器をゲットすることにつながるのです。

おわりに

今回はブログはいくらの価値があるのか?ということについて考えてみました。

月額1万円稼ぐブログは資産でいうと400万円ほどの価値ですが、そこから得られる影響力、信頼力などを含めると400万円どころか、1000万円にも、2000万円にも、もっというとそれよりも大きな可能性を含んでいます。

大切なのは、周りを気にせずに自分の進みたい方向へと淡々と継続していくことではないでしょうか。
アウトプットをひとりでコツコツ継続するのはとても根気のいることです。
一人ではできない!難しい!という方はぜひPlayersを活用してみてください。
きっとまだ見ぬ、新しい景色が見えてくることでしょう。




仕事の悩みを解決するコミュニティ
Players