オンラインサロンとはどんな場所?メリットや活用方法は?

こんにちは池田たかひろです。

先日職場の人と話しをしていたら、「オンラインサロンって何?」と聞かれました。自分にとって当たり前だったことなのでびっくりしたのを覚えています。

オンラインサロン=「人生をより有意義にしてくれる場所」

ぼくの人生にとってオンラインサロンは、それほどなくてはならないもののひとつとなっています。
そんなオンラインサロンについてメリットや活用方法をまとめてみました。
オンラインサロンには興味があるけど、一歩を踏み出せない。そんなあなたにぜひ参考に欲しいです。

オンラインサロンとは??

オンラインサロンとは、複数の参加者が特定の目的の元に集まる、「会員制コミュニティ活動」のことをいいます。
学校でいえば部活動やサークル活動などが近いでしょうか。
社会人でもフットサルや草野球などのスポーツや、ボランティア活動などを複数人で集まってやっている人達もいますよね。

主な活動はオンラインで行うため、オンラインサロンと呼ばれています。
社会が発達した結果、多様な価値観を持って生活していくことができるようになりました。
仕事と家庭以外に自身のやりたいことを追求する場所として、オンサインサロンはコミュニティにおいて第三の場所、いわば『サードプレイス』としての働きをしているといってもよいでしょう。

・新しいスキルを身に着けたい
・共通の趣味を持つ仲間を見つけたい
・新しい何かにチャレンジしたい

このような人たちが集まっている場所です。

自身のビジネス活動や、自己成長に役立てるサロンなどがメインですが、中には好きなアイドルの応援をしたり、漫画家さんが主催するサロンなどもあります。

オンラインサロンに参加するメリットとは??

継続する習慣が身につく

人間は意思の弱い生き物です。

・将来のために読書をしたい!
・資格の勉強をしたい!

などと考えても、ひとりで何かに取り組んでいくのは簡単なことではありません。
ひとりだとどうしてもだらだら過ごしてしまった経験はないでしょうか?
・ジムに行きたいのに、家でだらだら過ごす
・お腹いっぱい限界ギリギリまで、つい食べてしまう
・勉強しなきゃいけないけど、ついついYouTube見てしまう
・片付けしなきゃいけないのに、そっちのけでだらだら過ごしてしまう

これはすべてぼくに当てはまるものです(笑)

ぼくがPlayersに入ってから一番学んだなと思うことのひとつに

「意思の力に頼らないようにする」

というものがあります。
人間はどうしても感情に左右されてしまう生き物です。そして感情は移り変わりが激しい。
朝は気分よく会社に行ったのに、職場で嫌なことがあったらすぐに気分が悪くなってしまったりしますよね。
意思の力に頼るというのは、そういった自分の感情に頼るということを意味します。不安定なのです。

自分の意思、やる気、できるだけそういうものをアテにせず仕組みを上手に活用するということを学びました。

オンラインサロンに参加すれば、ひとりでは続かないようなことでも、継続して取り組んでいくことができるようになります。
たとえばPlayersには「チーム制度」というものがあります。
チームは、同じ目的を持った人たちで成り立っています。
たとえば「ブログのアウトプットを継続したい」これは意思の力に頼らずにチームという「仕組み」を活用して自分の目標実現に近づいていくのに役立つことでしょう。
自分でチームをつくることも可能です。

困り事の相談に乗ってもらえる

Playersの場合ですが、様々な専門家がいます。コンサルタントやプログラマー、Excelに詳しい人や経営者、ブロガーなど、その道のプロとして活躍されている方が数多くいらっしゃいます。
初心者のうちは「これってどういうことなの?」という疑問が、行動していれば必ず出てきます。そんな時に自分のサポート部隊としてオンラインサロンのメンバーに助けてもらうことで、成長速度が飛躍的に加速します。

自分の進みたい道ですでに結果を出している人とのつながりができる

自分がこれから力をいれたい分野の道を先に進んでいる先生に出会う機会というのはなかなか手に入るものではありません。
会社の先輩にそのような方がいればいいのですが、ぴったりの人がいることは稀でしょう。
オンラインサロンであれば、既にその分野で結果を出している人の意見、考え方を吸収することができます。自分の目標達成が近づきます。

オフラインでもすぐに打ち解けられる

オンラインサロンのメリットは、オンラインだけにとどまりません。
初対面の人としゃべるときって緊張しませんか?
雑談をしながら相手の興味や関心を探り探りしながら・・・「この人とどんな話題から仲良くなろうか?」みたいなことを考える手間を省くことができます。
同じオンラインサロンに参加しているメンバーは、自分と近しい興味関心を持っています。
Playersであれば「仕事力を向上させたい」というのが共通の関心ごとですので、向上心のないメンバーはそもそも参加していません。
自分を成長させるために読書などをしている人も多く、おすすめの本などを紹介しあうことで自分にとっても、相手にとっても成長のきっかけにつながるかもしれません。もしも職場の人が読書に興味がなければビジネス書の話題など出しづらいし、話をしてもそもそも興味関心が違うので、「いい格好しやがって・・・」などとマイナスに受け止められてしまうかもしれません。打ち解けづらいものです。
その点オンラインサロンであれば、共通の興味関心のもとに集まったメンバーなので、そんなに的外れなことは起きません。


さらにオンラインで共通の話題があるというのは、オフラインの場でも重宝します。すでに何度もメッセンジャーや通話を通して会話をしているので初対面が初対面のようにならないのです。初めての顔合わせから有意義な時間にかえることができます。

新しい知識習得のハードルが下がる

これはぼくの例ですが、ぼくはPlayersに参加してからはじめてプログラミングや、HTML/CSSについて学びました。すでにプログラマーとして活躍している人から、おすすめの学習サービスを教えてもらうことができ、学習効率をあげることができました。これは自分ひとりでやっていてはできなかったことです。便利な学習サービスを使うことで習得難易度が下がりましたし、さらにチームで活動していたので一人になる心配もありませんでした。

自分がこれから習得したい、成長させたいスキルがあれば、そんな人たちがゴロゴロいるオンラインサロンに参加してみると良いでしょう。

仕事になる

ぼくは会社員以外にライターや文字起こしなどの仕事をしています。
これもオンラインサロンに参加しなければ決して得ることができなかったものです。文章に関しては多くの方からフィードバックをいただき、ああでもないこうでもないと試行錯誤しながら1年間取り組んできました。
おかげで1年前に比べて書く力もついて、収入源が増えました。

仕事とは人と人とのつながりから生まれるものです。オンラインサロンで効率良く成長して仕事を獲得していくというのもこれからの時代増えてくるかもしれません。

オンラインサロンのデメリットは?

giverではなく、takerはしんどい

自分がやったんだから、相手からも何かをしてもらって当たり前だという思いは、誰しも考えたことがあると思います。
「自分はお金を払っているんだから、サービスを受けて当たり前だ」
という思いがどこかにあると、オンラインサロンを有効活用するのは厳しいでしょう。

オンラインサロンは自発的に自分の興味関心ある分野へ手を挙げて参加していく場です。自ら手を挙げる人は、積極的に手を差し伸べたくなるものです。多くの助けが得られることでしょう。ぼくも1年間Playersに所属して多くの方と会話をしてきましたが、変化のある人は自ら行動を起こしています。

「自分には与えられるものが何もない・・・」

最初はこのように考えてしまうこともあるかもしれません。そんな方にも与えられるものがひとつあります。
それは「前向きさ」です。
ポジティブに、前向きにやる気を出して手を挙げていく。これも立派なgiveのひとつだと思います。

使わなくても課金される場合が多い

オンラインサロンは月額課金制の所が多いです。
使っても使わなくてもお金はかかるので、せっかくなら使い倒しましょう。

幽霊部員になってしまうと復活が難しい

オンラインサロンは部活やサークルのような場所かもしれません。
部活ってしばらく行かなくなってしまうと、行きづらいですよね。そんな人はやはり辞める方向へ行ってしまいがちです。
部活であれば、同じ人たちと顔を合わせるので、一度離れてしまうと、気まずく感じてしまう人がいるかもしれません。
オンラインサロンは顔を合わせるわけではないので、そこまで深刻に考える必要はないです。
みんな日常生活は忙しいし、仕事もあるし、家族との時間も遊びの時間もあるわけです。
ふとした時に、気軽に戻ってこようかなくらいの感覚で大丈夫です。

おすすめのオンラインサロンは??

「どんなオンラインサロンがあるんだろう?」
気になった人もいるでしょう。
Playersがおすすめです!

と片付けてしまうのは簡単なんですが、今回はそう短絡的に結論を持っていきたいわけではないので、やめておきます(笑)
オンラインサロンが気になったら、まずはいろんなサロンをチェックしてみることをおすすめします。
いろいろ見れるのでDMMオンラインサロンがおすすめです。
DMMオンラインサロンとは、さまざまなオンラインサロンが集まっているプラットフォームです。
特にビジネス系のサロンが人気の中心です。ホリエモンがやっている「堀江貴文イノベーション大学校」は1000人以上参加している超大型のサロンになっています。
学びやスキルアップを中心として、株やFXなど投資のサロンもあります。女性であればネイル、メイクのサロンなどにも興味が出てくるかもしれません。
とにかく自分の興味関心に近いものを探してみるといいでしょう。ただし、結構値段はお高めなものもあります。毎月払うお金のことなので、無理ない範囲で選んでください。

また、Playersの中にも独自でオンラインサロンを立ち上げているメンバーもいます。

どうしたらオンラインサロンを活用できる??

自分から積極的に発言することを心がけよう

オンラインサロンは、「使い倒したもの勝ち」だと考えています。
結果というのはわからないものです。
あなたが役に立つと思って手助けしたことが相手のためにならないこともあるし、思いがけないことで喜ばれたりすることもあるでしょう。

・こんな質問してバカにされないだろうか?
・忙しそうだから質問したら悪いかな?
・こんな自分が発言していいんだろうか?

このようにネガティブに考えてしまって、尻込みして静かにしてしまうことが一番いけないことです。

3日坊主でも気にしないこと

誰しも成功したいと考えているはずです。成功するためには継続しなければいけません。さらに成功にはに失敗がつきものです。そんな中、「成功した格好良い自分じゃないと嫌!」となってしまうと、人から悪く思われないために、失敗することを恐れて行動しなくなってしまいます。

成長はポイントカードのようなものです。買い物する日もあれば、買い物しない日もある。それでいいんです。今日はこれっぽっちしかたまらなかったと思っても、しばらくすればある程度のポイントがたまっていることに気が付けるはずです。逆にせっかくためたポイントを途中で投げ出してしまったら、それはゼロになってしまいます。3日坊主になってしまったら、少し休んでまた戻ってくればいいのです。やめてしまうことが一番良くありません。無理せず、自分のペースで継続していきましょう。

周りと比べない

SNSは周りの人たちの行動を可視化します。フェイスブックやツイッターをやっていると、嫌でも他人の成果が目に入ってきます。今月100万稼ぎました!まだ2か月目なのに10万円突破しました。
ぼくは人と比べて落ち込んで「なんて自分はダメなんだろう・・・」と行動しなくなってしまう癖があります。嫌になるくらいこのような情報が目に入ってくるので、自分からシャットアウトする機会をつくるようになりました。
人と比べるよりも過去の自分と比べることで、成長を実感して日々進んでいきましょう。

おわりに

オンラインサロンのメリットと活用方法について解説しました。
Playersは月額980円で参加できるので、
たくさんサロンがありすぎてわからない!!

という方にとって、サロンデビューの1つ目としてもおすすめです。
Playersに参加することで、メンバーと会話をしていく中で新しい自分の可能性を発見できるかもしれません。

人生をより有意義なものにしてくれるのがオンラインサロンだと考えています。
ぜひ、あなたの人生にもオンラインサロンのある生活を。




仕事の悩みを解決するコミュニティ
Players