【戦略的人生】ブレないための思考術。自己啓発は何のため?

こんにちは。自他ともに認めるイクメンITコンサルタントアフロです。

”ブレないための思考術”なんて大層なタイトルを書いていながら20代の頃は恐ろしくブレブレでした。

29歳で結婚し、31歳で長男が産まれてからもブレブレでした。もともと他人の影響をうけやすいのです。(他責)

20代のころはとりあえず、ゲームができれば満足の日々でした。スーパーロボット大戦というゲームを朝方までやり、3時間睡眠でクライアント先でプレゼン、システム要件定義、別クライアント先で定例MTG、のようなスタイルで仕事をしていました。

優先順位:ゲーム仕事 という意識になってしまっていた時期は、まさにブレブレ。仕事は遅く始めて遅く終わる。その状態に特に問題意識も持っていませんでした。

どうやって抜けだしたのか。それは自分なりの”自己啓発”を行ったからです。アラフォーイクメンの戯言としてご笑覧頂けますと幸いです。

仕事に熱が入らなかった20代

学業に集中しすぎた反動でしょうか。就職してからは、スーパーロボット大戦に限らず、暇さえあればPSPやプレイステーション、オンラインゲームで遊んでばかりいました。

仕事はできるだけ定時であがり、飲みにケーションもせず、自宅でゲーム、という新人時代を過ごしました。

まあ、単純にゲームがしたかった。やってみたら楽しかったんです。

今からすると、仕事にまずは集中して、生産性をあげて定時で帰宅する。そして満足いくまでゲームをする。ゲーム以外の楽しみも見つけるために行動する。

という順番で過ごしていればもっと稼いでいたような気がするのですが、今さらそれを言ってもどうにもなりません。

そんな感じで、仕事に熱を出そうとはまったく思いませんでした。

なぜなら、その時は自分の楽しみが満たされていたから。マズローの5段階の欲求階層を、ゲーム内で満たしていたからです。

ゲームの世界で、集団への所属・愛されたいという欲求を満たし、自尊心をも満たし、尊敬されるような行為を超えて自己実現の欲求も満たす行動をする。

確かに、オンラインゲーム上である程度経験値を稼いだら、チームメンバーと組んでミッションをクリアしていき、レベルを上げてさらにはレアアイテムをゲットして配布する(売りに出す)。という感じで、仕事で商品を売る、みたいなことを最終的にやっていたと思います。

しかし、いつまでもゲームばっかりして仕事がうまくいくはずがありません。見事に壁にぶつかりました。(生産性が他のメンバーと比べて悪く、クライアントから評価されにくくなってきたのです。それに伴いその時のプロジェクト内での居心地が悪くなってきていました。)

そんな時、仕事に向き合うために大切なことをメンターと仰ぐ先輩から知らされました。

優先順位は変えられる


メンター:「お前、仕事はつらい、面白くないって思ってるやろ」

アフロ :「はい。つまらんです。(キリッ)」

メンター:「その”面白くない”仕事を、いかに面白くするか、お前ならどうする?」

アフロ :「うーん(面倒くさいなあこいつ)、興味を持つとか」

メンター:「じゃあどうやって興味を持つねん」

アフロ :「わかりません」

メンター:「じゃあとりあえず彼女つくれ。それで、飲み会に連れて来い」

アフロ :「はあ。(全く意味が分からん。。。)」


冗談のような本当の話で、こんなやりとりを何度も続けるうちに、仕事に興味を持つにはどうすればいいかを自分なりに考え始めました。

はい、結局、考えるきっかけとなったのは、他人(メンター:尊敬・信頼する人)と接することからでした。

幸運にも、私の場合は、メンターから「彼女をつくれ」という具体的なゴールを与えられました。最初は意味がわからなかったのですが、「彼女をつくれば、本当に仕事は楽しくなるのか?」、などと考えているうちに気づきました。

仕事で稼いだお金をつぎ込んで、彼女とデートすれば楽しそうじゃないか!(そんなこと最近やってない、いや、いままでやってないぞ!そういえば。。。泣)

ゲームやるより楽しいはずだ!(”リア充へのあこがれ”がどうやらあったらしい。)ちょっとハードル高いけど、やってみよう。どうしたらできるかなあ。。。彼女をつくるために仕事を頑張る。彼女をつくれば、仕事で稼いだ分、楽しませる。これをやりがいにしよう。。。ブツブツブツ。。

優先順位:彼女仕事ゲーム になった瞬間でした。

目的が見つけられない、ならば欲望を挙げてみよう

さて、ようやく本題にはいります。仕事の目的を見つけられないのであれば、仕事で稼いだお金で何をしたいか。どうなりたいか。あなたの欲望を可能な限り洗い出してみてはいかがでしょうか。

欲望を洗い出して気づく現実

仕事のモチベーション維持には、欲望と向き合うことも重要だと、Players御大Shinさんもブログに書いています。(こちらの記事です)

そして欲望を洗い出してみると気づくと思います。

お金がないと欲望は達成されないのです。(残酷な事実)(※ もちろん、欲望の内容にもよりますが、たいていの欲望を実現するにはお金が必要だと思います。素敵な服装・おいしい食事・快適な家、交際費、うんぬん簡単に想像がつくかと思います。)

 

お金はどうやって稼ぎますか?仕事で稼ぎますよね。

 

どのように仕事をすれば、今より稼ぐことができますか?

 

あなたは、今与えられている仕事と、どのように向き合えば、今より稼ぐことができるでしょうか。

  • 会社に属している方ならば、クライアントや社内で評価されて給料を上げること。
  • フリーランスエンジニアの方であれば、稼ぎやすいスキルを身に着けて単価を上げること
  • 大学の教員の方であれば、研究発表の質と量ともに成果を上げて学会で注目される存在となること

などなど、とにかくまとめると、今より高い価値を生み出す存在になることが必要なのではないでしょうか。

仕事がつまらない。やる気がない。楽しくない。いろいろ理由はあるかもしれません。しかし、欲望を洗い出してみれば、結局は稼ぐこと(今より良い仕事をすること)が必要なのです。

ここまででお金を前面に出すと誤解を招くかもしれません。私は、お金がそれほど無くても幸せに生活している方を何人も知っています。周囲に何人もいます。その人たちを否定するわけではありません。

もちろんお金が無くても幸せな生活が送ることができるならばそれでいいのです。ただし、あなたが今、自分自身の仕事の目的がなんだかわからないのであれば、欲望を洗い出すことが一つステップ、カギになるアクションだと考えているのです。

特に、新人ビジネスパーソンは、いきなり誰かのお役に立つことは難しいかもしれません。将来どうなりたいか。仕事以外の欲も含めて洗い出してみてはいかがでしょうか。

欲望を叶えるために

自己啓発って、本当は何のためにやるのでしょうか。私は、究極的には、マネーゲームから抜け出すためだと考えています。

もう稼がなくていいぐらいの収入を得る、もしくは不労所得を得る仕組みをつくること。それによって、いつでも他者貢献ができる状態になること。

人はそれを成功した状態(ひととおりの欲望をかなえた状態)と呼ぶのでしょう。

そんな状態を目指すための考え方が、有名な「7つの習慣(スティーブン・R-コヴィー)」です。

自己啓発書として、これほど良質なものは無いのではと思います。誰かに影響を受ける(メンターに頼む)だけでなく、主体的に、自分から欲望を叶える、成功するためのマインドをインストールできる良書です。

ここまでに書いてきたことを、7つの習慣に記載のある一部分に当てはめてみます。よろしければ実践してみてはいかがでしょうか。

終わりを思い描いてから始める(第二の習慣:目的をもって始める)

あなたの理想の1日はどんなものでしょうか。どんな1日を過ごすことで満足を得るでしょうか。

そうした1日を過ごすにはどうすれば良いでしょうか。

できるだけ具体的に、あなたの理想の一日を書いてみてください。

例えば今の私の場合はこんな感じ。

 5:30  起床、身支度
6:30  子どもとスキンシップ(絵本を読む。おもちゃで遊ぶ。数字のドリルもやる。)
7:00  食事(すごく美味しいやつ。自宅で収穫した野菜とお米、そして信頼できる販路で手に入れたお肉や卵)
7:30  通勤
8:30  出社、仕事準備
9:00  既存事業の仕事は部下に任せて新規事業を計画する
10:00  コンサル的な仕事(クライアントの相談に乗る、部下の相談に乗る)
12:00  ランチ(ものすごく美味しいやつ。お肉がいいな)
13:00  新規事業MTG、引き続きコンサルする
15:00  退社(あれ、もう帰るの?ええ。仕事は8割方仕組化してますから。)
16:00  趣味の時間(インプットします。読書、映画、セミナー参加、など)
18:00  帰宅、家族全員で食事(最高に美味しいやつ)、入浴
19:30  寝かしつけ
20:30  妻とコミュニケーション(妻とイチャイチャ)
22:00  自由時間(ブログ書くなど、個人的なインプット&アウトプット、そして振り返りの時間)
24:00  寝る

私は、人生100年時代、死ぬまでワクワク楽しく生きたいので、10年毎に、どんな生活をしたいか。理想の一日を書いています。

40代はこんな一日。50代はこう。60代は音楽と映画と農業&料理の一日。それを実現するにはどうしたらいいか。絶賛、鋭意戦略を立てているところであります。

欲望も無い?ならば見本をみつけよう!

お金を稼ぐこと、つまりは仕事をする、仕事に向き合うための理由となるような欲望が無い場合もあるかもしれません。20代の時の私のように、仕事以外に集中してしまっている時は、誰かと接してもすぐには変わりません。

ただ、すぐには変わらずとも、いつかは変わりたい。そう願うのであれば、誰かと接することが一番の近道です。(私が変わったきっかけはメンターと接していたからでした。)

信頼・尊敬できるような人がたくさんいる環境へ身を置いてみること。それが、仕事にアツくなれない人が本当の欲望を見つける、ついには他者貢献までしたくなるための最初のステップではないかと思います。

そんな刺激を受けることができる見本を見つけるために、Playersに参加するという選択肢はアリだと思います。

自分の人生を主体的に生きていらっしゃる、学ぶところが多い方々。それぞれの目的を探して努力をしている方々も多々いらっしゃいます。同じ目線の仲間が多いです。(なんせ450人超ですから)

夢を壊される環境ではなく、育ててくれる環境で、「自分を変えるきっかけ」をつかむことができるのではと思います。

個人的に特に頼もしく感じているのは、

PlayersOfficialライターの、スモールビジネス戦略コーチの室川さん

同じくOfficialライターの、才能をお金に変える専門家の若月さん

そしてPlayers運営者、現役戦略コンサルタントでビジネス本著者のShinさん

もちろん、他のメンバーの方々のサービスも非常に魅力的です。またおいおいご紹介できればと思います。

まとめ

自己啓発は、洗い出した欲望を叶えるためのマインドをインストールすることだといえます。

もし欲望が無ければ、まずはPlayersに参加して、こうなりたいな、という見本をみつけてみましょう!

そして、自分なりに目的を明確にしましょう!

そうすれば、いつの間にか仕事に本気で向き合えるかも。モチベーションの維持にも有用です!

というお話でした。

(私自身も、目的を明確にして、見本から学んで、そこからブレないための思考を身に着けている最中です。)

 

以上です。ゲームはほどほどに。

※ 健康診断の結果、肝臓ALP値が少々高いと出ました(Cの再検査!)。なので飲酒もほどほどに。




仕事の悩みを解決するコミュニティ
Players