無料講演:Moti Project様(2017年12月9日@代々木上原)

こんにちは、Shin(@Speedque01)です。 本日は学生向けのスタディツアーを実施している団体「Moti Project」様からご依頼をいただき、無料講演をしてきました!

参加者は全員大学生で、かつ男性が少なく女性が多いという状況。いつもPlayersで実施している講座とは雰囲気が違い、とても楽しませていただきました!

Moti Projectとは?

Moti Projectは、「海外へのスタディツアーを通して日本を元気にする若者を増やす」という理念のもとに活動している団体様です。

MOTI projectのスタディツアーとは?

  1. 自分の可能性(主体性、行動力、方向性が見つかり、世の中と自分の可能性に気づく)
    集団生活、海外での出会いの中から自分を見出すことが出来る。そして海外渡航は自分を見つめ直す時間になり新たな自分に出逢う事が出来る。
  2. 熱く語り合える仲間(協調性、存在価値、思いやりの気持ち)
    仲間から一人一人からの刺激を得られ、同世代と海外渡航出来る貴重な時間と、帰国後も海外渡航を共にした貴重な存在として繋がる事ができ、財産となる。
  3. 世界の現実に気づく(グローバルな視点、世界の中の日本の自分)
    日本の常識を壊し、世界、日本を含めて色々な生き方をしている人や価値観と出逢う事が出来る。一つでは無い事、主体的に動く事、一人では生きれない事など目的を持ちながら行く事でいつもなら出来ない挑戦が出来る事が新しい自分の視野を広げる事になる。

私たちが企画し運営するスタディツアーとは、「自分と向き合い同世代の仲間と輝く瞬間を共に創り人生に活かす財産にする為に行く海外渡航手段」です。

素晴らしい団体様ですね。

代表の福室まなみ様からお声掛けいただき、2時間ほどの講座を実施してきました。

内容1.クリティカルシンキング

セミナー内容のひとつめは「クリティカルシンキング」です。こちらについては、ブログ「Outward Matrix」でも詳しく紹介しています。

「クリティカルシンキング」の重要性と、身につけるための3つの口グセを紹介する

まずひとつみなさんに質問をさせていただきたいです。

この世の中に「絶対」はありますでしょうか?

そう、「絶対はない」ですよね。(「絶対はない」ということすら「絶対ではない」という突っ込みもあるかもしれませんが、それをやりだすと無限ループに入るので、いったん「絶対はない」ということを前提とします。)

「何いってるんだ、当たり前じゃないか」と思う人もいるかもしれません。ですが、ご自身の発言や文章を冷静に振り返ってみて欲しいのです。

  • あんなやつ絶対うまく行かないよ。
  • 今回のビジネスは100%うまくいく!
  • そういうことする人は、必ず後で痛い目を見るよ。

そのような「絶対的な発言」をしたことがない人はほとんどいないはずです。

「絶対はない」という前提に立つと、「絶対うまく行かない人」なんていないはずですし、「絶対うまく行くビジネス」もないはずですが、実際には多くの人が「100%」「必ず」などの「絶対ワード」を使ってしまいがちです。(ぼく自身使ってしまうときはあります。)

なぜこのような絶対ワードを使ってしまうのか。それは、「世の中に絶対はないんだよ」という当たり前の原則を忘れてしまっているからなのです。そして、それを忘れて自分の立場だけを正しい、自分の観点が正義だと考えてしまっているからなのです。

非常にシンプル、かつ強力な思考術であるクリティカルシンキングについて、じっくりとお話させていただきました。

内容2.やりたいこと探しからの卒業

コンテンツの2つ目は「やりたいこと探しからの卒業」です。

「やりたいこと探し」から卒業するための4ステップ

  1. 興味あることをやる
  2. アウトプットする
  3. 「得意」を作る
  4. 「極める」or広げる

の4ステップについて、資料を用いながら具体的に解説させていただきました。とはいえ、今回の学生のみなさまはすでにさまざまな活動をしており、「やりたいことが見つからない」という状態はすでに卒業されているようでしたので、もう一歩深めた話も即興でさせていただきました。

それが「行動できない人」の二つの特徴とその解決方法です。

「行動が大事である」「とりあえずやってみて改善すればよい」という言葉は、少なくとも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。「行動」をテーマにしている書籍やWebの記事も多いため、みなさんも「そっか、とりあえず行動したほうがいいことが多いんだろうな」という理解はおありなのではないでしょうか。

仕事でもブログでも恋愛でも、おそらくこの原則は変わりません。ぼくらが手に入れたいのは「うまくいった」という「結果そのもの」であり、「何回中何回うまくいった」という「打率」ではありません。だとすれば、可能な限り打席に立ってチャレンジしたほうが良いというのは、自明といってもいいのではないでしょうか。

それなのに、周りを見渡すと「行動に移せない人」で溢れているのはなぜでしょうか。せっかく優秀で少しでも行動に移せばうまくいくはずなのに、一歩を踏み出せない人がいるのはなぜでしょうか。

ぼくは最近ここについてずっと考え、多くの人に「行動に移せない理由って、何だと思いますか?」と聞きまわっていました。その結果、「行動できない人は、ある2つの特徴のどちらか、もしくは両方を持っている」と結論付けることができました。

今回参加してくださったような優秀な学生さんたちには、ぜひ自分の成長だけではなく周りの人に貢献できる人材になって欲しいな、と考えています。そのために、闇雲に「いいから何か行動してみなよ!」と進めるだけではなく、人によって行動できない理由は違い、それを解消するためのアプローチも変わってくることをお話ししました。

また、「自分のことしか考えられなくなる危険性」についてもお話しし、「外向き思考」を身に着けることの重要性についてもお伝えしました。

その後、みなさんとランチをご一緒させていただき、いろいろなお話をしました。みなさん等身大の悩みをお持ちな一方、非常に前向きで、逆に元気をもらったような気がします。

参加者の皆様からの感想

下記のようなご感想をいただいています。

わたしは『興味が多方面にあるのはいいことだけど、それを極めるってことを積み重ねないと結局どれも中途半端になるよ。』と先日先生に言われたばかりだった為、4つのサイクルがすごく腑に落ちました。

あとは、“鶏が先か卵が先か”つまりはDOPDサイクルであるという話が印象的でした。まずやってみることから全て始まると思うので、そこから生産的な行動を増やしていきたいと思います!

 

今回は講座を受けたことで大切なことの再認識や、新しいことを発見することが出来ました。

秋頃からずっと悩んでいる事があるのですが、Shinさんのおかげで自分の中での解決に一歩近づく事が出来たような気がします。 ビジネススタートの方法も是非参考にさせて頂きます! しんさんの講義を聞けて、しんさんとお話しできて良かったです! またよろしくお願いします! 本当にありがとうございました!!

 

Shinさんは他人のことを本当に考えることができる人だというのが本日の講演を受けての印象ですが、私も是非そのスタンスを参考にしたいと思いました!そのためにまずはクリティカルシンキングを身につける3つの口癖を早速取り入れて、多角的な視野から物事ないしは相手の立場を考えられる人になりたいと感じました。

学生様には無料で講演をお引き受けしておりますので、ご依頼をお待ちしています!

無料講演をご希望の方はコチラ:学生様向け無料講演の詳細




仕事の悩みを解決するコミュニティ
Players