参加者500人超のサロンオーナー2人が語る、オンラインサロン運営の秘訣とは?

こんにちは。かずま(@kazma_hashimoto)です。

みなさんはオンラインサロンって知っていますか?

オンラインサロンとは、ある分野で優れたスキルや経験を持つ人が主宰者となり運営している、月額会費制オンラインコミュニティのことです。

先日、オンラインサロン「人生逃げ切りサロン」を運営する隆玄さんと、オンラインサロン「Players」を運営するShinさんが、「参加者合計1,000名超!オンラインサロンオーナー同士がサロンについて語りつくす」というタイトルで、オンライン対談をしました。

対談内容は次のような感じです。
・オンラインサロンの運営方法
・オンラインサロンを最大限に活用する方法
・オンラインサロンをビジネスだけでなく,各種ビジネスの拠点と捉える思考法
・オンラインサロンの今後の運営方

合計1000名を超えるオンラインサロンオーナー同士による本当に熱い対談でした。
大事なところがたくさんあるので、長めの記事になりますが、オンラインサロンに入られている方やオンラインサロンに入ってみたい方は入ったときの参考にしてもらえれば嬉しいです。

それでは、いきます。

運営方法において意識されていることは?

まずは、オンラインサロンの運営方法についてです。

お二人からはこのような意見が出ていました。

 

・自分が欲しい情報を得られる場所でその場所に価値を感じる人が集まる場所になればいい。

・オーナーが常にGiveし続けない

・主体性を尊重している

・サロン代よりも多くの価値を感じてもらえるようにしている

お二人が特に共感しあっていたのは、

 

自分が欲しい情報を得られる場所でその場所に価値を感じる人が集まる場所になればいい」。

 

隆玄さんの意見でこれにshinさんは、

自分たちがサロンを活用したいと思えるような場所にすることが大事

と言われていました。

 

自分が利用したいと思わないコミュニティは参加者も価値を感じてくれないだろうからまずは、自分たちが活用したいコミュニティにするために意識をしているそう。自分がたくさん活用することでサロン内が盛り上げることにつながる。

 

また隆玄さんが特に意識をされていたのは、

オーナーが常にgiveする環境にしないことを意識すること

 

それはなぜか?

 

オーナーが常にgiveし続けると消耗してしまう。

さらにサロン内では主体性を重視しているので、サロン内の主体性が薄れてしまう。

 

 

一番共感しあっていたのは

 

・サロン代以上の価値を感じてもらえるようにコンテンツをたくさん作っていたこと。ROMの方にも価値を感じてもらえるように、対談動画もたくさんとったり、有料noteがタダで見ることができたりたくさんの価値をサロン生に与えることを意識しているそう。サロン内においてたくさんの良いコンテンツを作ることがすごく大事なこと。

 

サロン生がモチベーションを保てるように

・良い質問をした人の質問に答える

・結果が出ている方をサロン内で紹介

 

などを意識しているそうです。

 

はじめ,サロン生は何をしたら良いのかがわからないので,評価基準を決めることでサロン生の方向性を示してあげることはとても重要。

 

 

サロン内ではさまざまなプロジェクトが立ち上がっています。

立ち上がったときに気をつけていることは両サロン同じでした。

それはただ一つ,期限を決めること。期限を決めることで限られた時間の中で活動をするので、積極的に行動することができ、さらにチーム内にダラダラとする雰囲気をなくすため。

 

これは自分の目標を立てるときも活用できそうですね。

期限を決めないとモチベーションが保てなくなるので、期限をきめてその期限内で集中して取り組んだ方が結果が出ることと同じです。

 

 

次はサロンをどうすれば最大限活用することができるのかについて

 

次にサロンはどう活用すればうまく行くのかをまとめていきます。

 

まず自分からgiveし続ける

これには隆玄さんが書かれた「頭の良い人のオンラインサロン活用法について」の話題で盛り上がりました。

隆玄さん曰く,オンラインサロンは自分が欲しい情報や人脈だけを知ったり作ったりする場所ではなく,逆に自分から人に自分から自分が提供できることをgiveしていく場所。

 

それはなぜか?

サロンオーナーからすれば、サロンの中で積極的に活動してくれるのはすごく嬉しいし、他のサロン生やオーナーからの認知をしてもらいやすくなる。まずは自分自身をサロン内で認知してもらう必要がある。

 

認知をしてもらうと自分がやりたいことが出てきたときに協力してくれる方が出てきやすい、自分の投稿を拡散してもらいやすくなるというメリットが後からついてくる。

 

自分がやりたいことがあるならまずは自分からgiveをし続けることでまずはたくさんの人に認知してもらう必要があります。

まずは皆さんできるだけサロン内でgiveすることをお勧めします。

 

実際この記事を書いている僕も入ったばかりはできるだけコメントに反応してたくさんのチームに参加して最初にたくさんの結果をだしました。そのおかげで自分がチームを立ち上げたときはたくさんの方が参加してくれました。

 

まずは皆さん自分ができる範囲でのgiveをサロン内でやりましょう!!

 

サロン代は反則フィーだと考える

 

オンラインサロン代はPlayersが980円。逃げ切りサロンが1980円です。

年間で考えると少し高いと思う方も少なからずいるかもしれません。

 

しかし、サロン代をオーナーやサロン内にいるインフルエンサーだったり、自分が繋がりたい人と繋がることができる金額だと考えればすごく安いのではないでしょうか?

 

Shinさんも隆玄さんもお互いのサロン内では積極的に発信はしていませんが、今回のような対談をすぐに実現が可能になり、二人の中を保てるならサロン代はすごく安いと二人ともおっしゃっていました。

 

普通ならつながることができない方とサロン代を払うことでつながることができるので僕もこれからも継続していくつもりです。

 

現在サロンに入るか迷っている人は

この機会に参加してみてはいかがでしょうか?

 

サロンの掛け持ち

 

サロンの掛け持ちをするとすごく面白いとお二人が言われていました。

 

それはなぜか?

 

・サロン同士の共通点がわかってくる

・たくさんの人と繋がることができる

・ひとつのコミュニティに固執しなくてすむ

 

この3つが挙げられました。

 

サロンの共通点がわかってくるとサロン内でうまく行っている人の特徴やどうすればサロン内で評価されるのか、結果が出るのかがわかってくるそうです。また複数のコミュニティを持つことでひとつのコミュニティに固執することがないので、もし居場所がひとつなくなっても安心して活動をすることができます。

 

またサロンを掛け持ちするとその分たくさんのつながりを作ることができるので自分の人脈を広げることができます。

 

もし現在ひとつのコミュニティしか所属していない方はこの機会にもうひとつきになるオンラインサロンに入ってみると新しい発見があるかもしれません。

 

 

オンラインサロンをビジネスだけでなく各種ビジネス拠点だと捉える思考法

 

サロンオーナーにとってサロン運営単体で考えると利益がそこまであるものではないそうです。しかし、なぜサロンを運営されているんでしょうか?

 

隆玄さんの場合は金銭的以上の価値がある(無形資産)ことが一番大きいそうです。金銭的以上の価値とは人脈と情報です

この二つをもてば最悪隆玄さんがエンジニアの職を失ったとしても,食って行けるだけのスキルを手に入れることが可能。

隆玄さんのオンラインサロンには,せどりで稼いでいる方やFXのプロの方などがいらっしゃるのでサロン内でプロから直接学ぶことができるので、全く心配はしていないそう。

 

Shinさんも隆玄さんも同じでサロン内で自分がgiveをすることによって、参加者が結果を出したり、満足してくれて新しい人が入ってくるようなサロンにしていきたい。

 

最初は自分からgiveすることが大事ということがわかりました。

 

また今後のオンラインサロンについて

 

正直今後のオンラインサロンの形はどうなるのかは分からない。

 

お二人とも

「その時に自分が必要な環境を作っていきたい。」

 

とおっしゃっていました。

 

これから何が起きるのかは分からないので、サロンの長期計画をしても無意味。臨機応変さが一番大事だそうです。

 

 

オンラインサロンで活動して見ませんか?

 

オンラインサロンに入るとすごい方の対談やお金を稼ぐための情報,人脈などを作ることができ今の自分よりもアクティブに間違いなくなれます。

 

Playersは月額980円,逃げ切りサロンは1980円。

間違いなくサロン代よりもたくさんの価値があり、うまく活用することができれば自分の稼ぎ,人脈、情報量を増やすことができます。

サロンに参加して自分の人生を少しだけ変えませんか?

 

食事1回分を我慢して一緒に自分を成長させましょう!!

 

Playersについて気になる方は「仕事の悩みを解決するオンラインコミュニティ「Players」とは。」を見てみてくださいね!

ではでは。




仕事の悩みを解決するコミュニティ
Players