いつも「上手く話せない」人に共通するたった一つのこと

ともっち
こんにちは!Players公式ライターのブロガーともっちです!

この顔に見覚えあるでしょうか?笑。おそらくほとんどの人が「はじめまして」です。

本題に入る前に、軽く自己紹介をさせてください。

僕は、現在大学生ですが、3月に卒業し、今年の8月からコンサルティングファームに入社することが内定しています。

しかし卒業後には、4ヶ月間、東京で「無職住所不定」になることも内定しております。誰か、住むところを分け与えてください・・・・・笑。

当面はブロガーとしての少ない収入や、就活生向けのサービスを提供することで生活して行こうと考えています。

こんな僕が、Playersに入ったのは、コンサルに関する何らかの情報を探していて、Shinさんのブログに辿り着いたからです。「たった980円ですごい人達と繋がれるんなら入ってしまえ。ポチっ」て感じでした。

ただ、入ったはいいのですが、2ヶ月間ほぼ全く活用できずにいました。「コンサル業務での悩み解決チーム」、「ブロックチェーン研究チーム」や「ブログ相互アドバイスチーム」に属してはいたものの、発言しない幽霊部員と化していたんですね笑

そんな時に、「年収1,000万円達成するための方法 & Webマーケティングの基礎を学べるセミナー」と「Players1周年パーティー」なるものが開催されると聞きました。

卒論発表の3日前で皆が発表練習しているのにも関わらず、「これは逃せん!」と迷わず参加を決め、広島から東京に飛行!

当日は、メイドカフェ(初!)に行って緊張をほぐしてから参加しました。

「転機」そして「本題」へ

 

「セミナー」と「Players1周年パーティー」はともに超有意義。セミナーに関しては、「こんなのタダで参加できるの!?」って感じでした。

肩に力を入れて参加したのですが、杞憂でしたね。Shinさんを始めとした会社勤めされている方から、普段大学生が出会えないような個人事業をやっている方までいろんなお話を聞け、超刺激を受けました。

ただ、インプットが多すぎて、頭がパンクしそうになりかけました笑。

 

さて、本題に移ります。

「Players1周年パーティー」では、いろいろなお話を聞くことができ、僕からも発信することができたと思っています。

色々なトピックが出てきて面白かったのですが、今世間を賑わせている仮想通貨のお話もでできました。

僕も仮想通貨には、結構な額を投資をしていたため、話にガンガン入って行きました。一応、仮想通貨が流通する上での根幹をなしているブロックチェーン技術を研究する、Playersの「ブロックチェーン研究チーム」にも入っているくらいです。まあ、幽霊部員ですが笑

仮想通貨について、話が進んで行く中で、「ブロックチェーン技術」のお話も出てきました。僕は「ブロックチェーンって面白い技術ですよね〜〜」ってなんとなく話していたんです。そんな時に、Shinさんに質問されました。「ブロックチェーンて何がすごいと思います?」と。

コンサルタントは意地悪(笑!?)とかではなくて、いたって、シンプルなやさし〜い質問です。

僕はというと・・・

ともっち
えっとですね・・・ブロックチェーンは・・・う〜んと・・

言葉が出てきませんした。出てきたのは、断片的な単語だけ。

僕は言語化が下手くそ

僕は昔から、言語化がヘタです。

今回は、Playersでの例を挙げましたが、僕にはこういう「言葉にできない現象」が度々起こるのです。

プレゼンに関しては、教授から「話すのヘタだね笑、お前コンサルになれるの?」って言われました。

ブログでも同じです。自分で読み返してみても、どうも言葉に重みがない。浅いというか。

「話す・書く」に関わらず言葉を出すという作業がとても苦手なのです。

でも、なぜ上手く「言葉にできない」のかはこれまであまり考えてきませんでした。なぜなら、僕は、うまーくやり過ごしてきたことが多かったから。それらしいことを言っていれば、なんとかなる世界で生きてきたんですね。

しかし、コンサルになるにあたって、ブロガーとして情報を届けるにあたって、これではダメだと思いました。

言葉として伝えられないのでは、意味がありません。

では、なぜ上手く「言葉にできない」できないのか?

「言葉にできない」のは「考えていない」から

 

”言葉は思考の上澄みに過ぎない”

これは僕が言語化するためのバイブルとしている「言葉にできる」は武器になる。という本に書かれていたことです。

これは、考えていないことは口にできないし、文章にもできないということを意味しています。

僕が上手く言葉を伝えられなかったのは思考に問題があったのです。

当然といえば当然なのですが、僕はそれを認識していなかったのですね・・

「言葉にできる」は武器になる。の著者である梅田さんは以下のように述べています。

・言葉が意見を伝える道具ならば、まず、意見を育てる必要があるのではないか?

・思考の深化なくして、言葉だけを成長させることはできない

 

どんなに言葉だけを美しくしたところで、人の心には届きません。

大事なのは思考を深化させることです。

僕もトレーニング中ですが、思考を深めるには、「なぜ?」、「だから何?」、「本当に?」を繰り返すといいです。

「なぜ、ブロックチェーンはすごいのか?」

「結局、僕らの生活にどう役立つのか?」

「でも、それって本当に可能なのだろうか?」って具合に。

考え抜いた言葉なら相手に滞りなく伝わるはずです。

ツイッターとかのSNSだって同じです。自分の書き込みに対して、「いいね」がつかないのは、なんとなく言葉を発する時が多いです。

本気で考え抜いて出てきた言葉なら、重みも出て相手の心に「グサリ」と刺さります。

「言葉にできる」は武器になる。は、言葉を綺麗に形作るというよりは、どのように思考を深めるかっていうことが書かれている本です。僕みたいに「言語化が苦手」な人にオススメです。

 

Playersをアウトプットの場にする

 

Playersでも「言葉にする」を目的にしてみましょう!

インプットばかりで受け身になるのではなくて、アウトプットが目的にあると思考が深まります。

そのためにも、「発言する」とか「リアルの場」に行くとかでも、「一歩を踏み出す」って大事です

最初の一歩が一番怖いし、緊張しますが、やってみると「なんでもっと早くアクション起こさなかったんだろう?」ってなるんですよね。

僕も「Players1周年パーティー」に参加することで積極的になり、Players公式ライターと関わりを広げられています。めちゃくちゃいいアウトプットの場になっています。

個人的にビックリするのが、グループチャットのレスポンスが皆めちゃ速いことです。みなさん常にオンラインのイメージがあるんですが・・・Shinさんとか寝ているのかな?笑。

まあ、言いたいことはめちゃくちゃコミュニティが活発だということです。だから、心配せず発言していきましょう(自分にも向けた言葉笑)!

また、「大学生から見たPlayers」記事を書きますね。

ともっち
ブロガーともっちでした!本記事のように成長するための考え方とかを個人ブログにも書いています。→ともっちのエンタメ




仕事の悩みを解決するコミュニティ
Players