Playersで導入されたコミュニティ通貨Feverが激アツな件

こんにちわ、フリーランスライター兼エンジニアのシロ(@siro3460)です。

みなさんは、最近話題のコミュニティ通貨を知っていますか?

簡単に言うとコミュニティ内で使えるお金のことで、メンバーの持っているスキルを買ったり、日ごろのお礼をチップとして渡すこともできます。

そんな話題のコミュニティ通貨の1つであるFeverがPlayersに導入されたので、Playersでどんな化学反応が起きているか紹介したいと思います。

※FeverがPlayersに導入されたのは2018年8月19日です。この記事を書いているのは2018年8月31日なので1カ月たっていません。そのため、導入されたての熱さも含め書いていこうと思います!

コミュニティ通貨Feverとは


引用:https://fe-ver.jp/

まず、Feverについて簡単に紹介しますね。

Feverは公式サイトで以下のように説明されています。

ここから広がるコミュニティ経済圏
feverはコミュニティのコインを発行し、仲間や支援者を増やしながら経済圏を作っていけるサービスです。

引用:https://fe-ver.jp/

仲間や支援者を増やしながら経済圏を作っていけるサービス」とか素晴らしすぎますね。

私は2017年10月にフリーランスになったばかりなのですが、ぶっちゃけPlayersにはお世話になりまくっています。

ブログ、ライター、コーチングなどPlayersに入らなければできなかったことがたくさんありまして、お世話になっている方に何か返していきたいなーと思っていたので、Fever導入は胸が熱くなりました。

Feverのコイン売買の仕組みについて

Feverではコミュニティ通貨としてコインがありまして、コインの売買方法は大きく分けて2つあります。

方法1:ユーザー間でコインを売買する

普段お世話になっている方へ、感謝の気持ちを込めてコインを送ることができます。

Playersでは今のところ他のコミュニティとのやりとりはしていないため、1コイン10円です。

・悩みを相談するスレッドで答えてくれた人にお礼で10コイン

・チーム内で相談したことにこたえてくれた人にお礼で10コイン

とか、さくっとコインをあげてお礼することができるわけですね。

方法2:チケットを作って購入してもらう

ココナラタイムチケット等のスキルシェアサービスが流行っていますよね。

自分の持っているスキルをサービス化してフリーランスとして活動している人も、最近は多いです。

Feverでは、「チケット」という名前のサービスを作って、スキルをシェアすることができます!

外部のサービスで知らない人にサービス提供するのは敷居が高いですが、同じコミュニティ内の知っている人向けであればぐっと敷居は低くなりますよね。

最初の一歩を踏み出すのが一番大変なので、とてもありがたい機能ですね。

ちなみに、僕はタイムチケット的な使い方をためしたくて、次のようなチケットを最初に作りました。

こんにちわ、フリーランスエンジニア兼ライターのしろです。

このチケットでは、オンライン会議ツールZoomを使って30分相談にのることができます!

以下詳細です。


■ 得意なこと
・WEBライティング
・ExcelVBA

■提供できること
・ライター経験を活かした新記事企画・リライトアドバイス
・ExcelVBA学習相談・開発相談
・フリーランス関連の相談
etc…

■ こんな人におすすめ
・副業でライターとして稼いでいきたいけどどうやればいいかわからない
・ブログ始めたけど悩みが多くてまとめて聞きたい
・VBAを始めたけど悩みが多くてまとめて聞きたい

■ チケット購入後の流れとスケジュール
1. 実施日の相談&決定
2. Zoomにて30分オンライン相談実施
3. 相談したときに話した動画を提供

■ 調整可能な曜日・時間帯
・平日 21時半以降
※上記以外も相談可

相談といいつつ、単純に僕とお話ししてみたい方でも全然OKです。笑
コインも少なめなので、お気軽にどうぞー

こんな感じで、自分のできることを気軽にサービス化することができます。

【素朴な疑問】コインって自分で買わないといけないの?

ここまで読んでいた方は、次のように思っているのではないでしょうか。

確かにコインがあればお世話になっている方にお礼もできるし、スキルを買えばいろんなことができるようになりそう。
でも、コインを買わないといけないし、ぶっちゃけ敷居高いのでは・・・

いくらおもしろそうでも、自分でお金を払うと思った瞬間に尻込みしてしまう人は多いのではないでしょうか。

  • 本当に価値があるのかな?
  • まだ導入してまもないし様子を見てみよう
  • 買ったあと全然運用されなくなったら損するかも・・・

そんな方でも気軽にコインを使えるような仕組みが、Playersにはあります。

仕組み1:Playersコイン活用方法議論チームに入れば100コインプレゼント

まずはこれですね。

Shinさんが立ち上げた「Playersコイン活用方法議論チーム」にはいるだけで、Shinさんが100コインプレゼントしてくれます。

いきなりお金を出してコインをかわなくて済むので、このチームに入るだけでコイン運用をスタートできます!

Feverを導入するとき最初に買うコイン数が決まっているので、Shinさんは既にコインお化けです。

なので、もらう側としても申し訳なさが全くないのがいいところですね。笑

仕組み2:活動した内容に応じてコイン付与

詳しく何をしたら何コインもらえるかは公開できないのですが、Players内で行動した内容に応じてコインを付与する仕組みを「Playersコイン活用方法議論チーム」で議論して作りました。

なので、スタートの100コイン以外にも積極的にPlayersで活動すればコインがもらえます。

コインがもっと運用されてチケットが充実してきたら、

  1. コイン獲得のために積極的に動く人が増える
  2. 積極的に色々やってみた結果スキルアップ
  3. 結果的に仕事でも活かせるスキルが身につく

のように、良い循環になる未来が見えますね。

Fever活性化のために立ち上げたチームについて

Feverは面白くて良い仕組みなのですが、みんなに使ってもらえないと意味がないですよね。

なので、活性化するためにPlayers内で次のようなチームを立ち上げました。

━━━━━━━━━━
Playersコインを使って、スキル売り出してみるチーム
━━━━━━━━━━
こんにちわ、しろです!

いきなりですが皆さんに質問です。
こんな悩みを持っている人はいませんか?

「最近副業の話題よく聞くけど、自分も何かできるんだろうか?
できることならやってみたいけどお金を取るのは抵抗があるし、スキルが不安で動き出せない・・・」

でも、自分にとって当たり前の知識・スキルが誰かの役に立つケースって、意外に多いんですよね。
ただ、スキルシェアサービスが流行ってるとはいえ、いざ自分が売り出すと思った瞬間に腰が重くなる人も多いのでは?

そこで今回はそんな方向けに、『Playersコインを使って、スキル売り出してみるチーム』を立ち上げました!

ということで、以下詳細です!
—————————————————————————-
〇やること
・Playersコインで導入されたFeverでチケット(自分のサービス)を作成する
・作成したチケットをもとにPlayersでスレッドを立ち上げて、購入者を募集
・購入されたチケットに対してサービスを提供
・最後にフィードバックをみんなで共有

〇期間
・2週間(メンバーのチケット内容によって1か月になる可能性もあり)

〇チームに入ってやるメリット
・自分のスキルを売る経験がつめる
・困ったらチームで相談しながらすすめることができる
・クラウドソーシングのみで生活していた僕に色々相談できる
・Fever運用の波に乗れる

〇チケット例
申請後必ずShinさんが目を通して承認するのですが、確認したところ基本なんでもOKだそうです。

例としては以下のような感じかと。
・音声文字起こし
・ライターとして記事を書く
・アイコンのイラスト制作
・Zoomで仕事の相談に乗る
・Zoomでプログラミングの相談に乗る
・自分の時間を30分売る

持っている知識によって作るサービス、価格(コイン)は自分で決めてしまってOKです!

(ちなみに僕はオンラインでできる作業を30分チケットとしてサービス化する予定です)

〇参加方法
このスレッドにコメントください。
速い方順に5人目までをメンバーとします。
—————————————————————————-

Playresコインは以下リンクから飛べる「Playersコイン活用方法議論チーム」に入るだけで100コインもらえるので、支払う側の負担をあまり意識せずに貴重な経験を積むことができます。
https://www.facebook.com/groups/1282750631770471/permalink/1877962795582582/

勇気を出して動き出してみたい方のきっかけになれたら嬉しいです。

チーム発足から25分ほどでメンバーが集まり、既にチケットを作ってサービス提供できた人もいます。

最初に一歩ができた人は、これから強いだろうなぁ。

これからもFever関連のいろんなチームを作って行く予定です!

まとめ

今回は、Playersで導入されたFeverの仕組み・Playersにおける活用方法について簡単に紹介しました。

まだ導入されたてほやほやなので、これからが超楽しみです。

Shinさんが2000コインで超高いお店のランチをおごってくれるチケット作っているので、まずはそれを目指す予定です。笑

お仲間募集中ですので、Playersについて気になる方は「仕事の悩みを解決するオンラインコミュニティ「Players」とは。」を見てみてくださいね!

ではでは。

 




仕事の悩みを解決するコミュニティ
Players