Playersに5ヶ月参加して得られた3つのこと。合計8つのイベントを開催した結果、何を手に入れたのか?

こんにちは!
「才能をお金に変える専門家」の若月健です。

僕がPlayersに参加したのは2017年の8月。

それからあっという間に5か月が経過しましたので、これまでの活動を振り返ってみました!

僕以上にイベントをバンバンさせてもらっている人は
あまりいないのではないかな・・と、感じるくらい積極的に活用しております(笑)

これからPlayersに参加して、主体的に自分で何かをしていきたい方の参考になると幸いです!

「こんなイベントを自分でもしてみたいなぁ」と思ってもらえると嬉しいですね。

この記事は、特に以下の方におすすめです

・これから起業をして自由な人生を手に入れたい
・コンサル・コーチ・講師として活動していきたい
・会員制ビジネスやオンラインサロンを開始したい

自己紹介

僕は23歳の頃に、「社会や組織に依存せず、自分の力で自由に生きる」と決意したことがきっかけで、独立・起業を選択しました。

そして、6年前から開始したコンサル・コーチングは、
現在までに約1,000回・1,000時間の経験がございます。

そんな僕のビジョンは「人々が自分の才能に気づき、
才能を活かして豊かな人生を送ることができる社会」の実現。

このような理由があり、Players内では、才能発見&活用に関するイベントを色々と企画させていただきました。

僕は参加者の皆さまと一緒に、その人だけの才能(ワクワク)を発見し、オリジナルビジネスの構築を考えることがとっても好きなのです

これは僕にとっての天職ですので、一生探究していきたいテーマだと感じています。

Playersに興味を持ったきっかけ

僕がPlayersに入る前の最大の悩みは、主力商品がコンサルサービスのみだったので、「受け手からすると申込のハードルが高く、収益が安定化しないこと」でした。

また、コンサルやセミナーのビジネスで、ある程度の収入は得られていたので、自分のお客さんとの狭い世界で満足してしまっていて、人脈がなかなか広がらなかったという悩みもありました。

そして、いざ外の世界へ向けてサービスを提供していこうと思っても、「普段の活動が自分のお客さん以外にも通用するのか?需要があるのか?そもそも自分は世間から必要とされているのか?」という不安もあったのです。

Playersに入る前から一般向けの無料講座を作りたかったですし、会員制ビジネスやオンラインサロンの運営も始めたいとは思っていました。

しかし、ゼロの状態から1つのものを作り上げることは想像以上に大変で、心理的なブロックが原因でなかなか着手できませんでした。

「これから先どうしようかな・・。いまのままじゃマズイよな・・」

そんな時に出会ったのが、知人から紹介されたオンラインコミュニティのPlayersだったのです。

そして、Playersは上記の悩みの全てを解消してくれました。

これってかなり凄いことですよね?(笑)

「月980円なら安いし、お試しで入会してみるか〜」と軽いノリで参加したサービスが、まさか解決の糸口になるとは・・。

人生はどんなきっかけで好転するのかわからないものです。

僕がこの5ヶ月間でどんなアクションを起こし、その結果、いったい何を得られたのか?

その詳細をこれからお伝えしていきます。

Playersでは合計8つのイベントを開催&参加

1.Shin チャンネル第二回ゲスト参加
2.才能マネタイズセミナー開催
3.才能発見&活用コンサルモニター募集
4.7日間無料動画のモニター募集
5.Shinさんとの対談記事を企画
6.第二回講師チャレンジセミナー講師
7.才能マネタイズ グループコンサル開催
8.ライトニングトーク発表者として参加

1.Shin チャンネル第二回ゲスト参加

新参者がコミュニティの中で存在感をアピールするには、主催者を巻き込んだイベントを開催&参加するのが鉄則です。

そのため、Players入会後すぐに、僕は真っ先にゲストとして立候補し、僕が今後考えていたイベントに参加したいと感じる人を引き寄せることができました。

「コミュニティに参加したけど、なかなか自分のイベントに人が来てくれない・・」と悩んでいる人にはおすすめの方法ですよ!

2.才能マネタイズセミナー開催(オンライン)

そして、ゲスト参加後、Shinさんにもご協力いただいて、これまたすぐにセミナー募集の告知をいたしました。

すると、結果的に、予想を遥かに越えるおよそ30名の方が参加してくださることになりました(3回開催したので、1回あたり約10名)

ここまでの流れは順調過ぎるのですが、これは僕が自分のビジネスでマーケティングを経験していたからだと思います。

マーケティング未経験の方には難しいかもしれないのですが、集客の練習をさせてもらえるということですので、とっても貴重な機会となるでしょう。

そして、アンケートを実施した結果、「僕が主催するオンラインコミュニティがあったら参加したいですか?」という問いに対し、「参加したい」 の声は半分くらいありました。

しかし、僕はすぐには行動に移せなかったのです。

新しいことを始めることは想像以上にブレーキがかかりますし、未経験のことへの挑戦は恐怖もありました。

「アンケートでは需要がわかっても、誰も来なかったらどうしよう。うまくいかないんじゃないか。いまのビジネスを頑張っていればいいじゃないか。時間の無駄になるんじゃないか・・」
というように。

実は、このオンラインコミュニティについては、後ほど触れるある出来事によって解消され、一気に走り出しました。

3.才能発見&活用コンサルモニター募集

その後、セミナー参加者を対象にモニター募集をしたところ、受講を希望される方がいましたので、実施いたしました。

実はShinさんからは入会前に、「ご自分のビジネスもどんどん宣伝してくださって問題ありません。みんなでグルグルとお金を回すことを推奨していますので。強引な勧誘は困りますが(笑)」というメッセージをいただいていたので、安心してオファーをすることができました。

それから何名かは僕の有料サービスを受講してくださっています。Playersが存在しなければ出会えていない方ですので、大変ありがたいです。

4.7日間無料動画のモニター募集

セミナー開催によって、約30名の声が集まりましたので、これらの声も参考に、無料動画講座を完成させることができました!

無料講座はゼロから構築するとかなり大変なのですが、Players内でのセミナーがベースになっていますし、募集ページでは声も掲載させていただいたりと、かなり活用させてもらいました。

最大の原動力は、「Players内で喜ばれたのだから、一般向けにも通用するはずだ」という自信です。

5.Shinさんとの対談記事を企画

Shinさんは突発的にイベントをしてくださっているので、僕らにとってもとてもありがたいのですが、その1つが対談企画です。

こちらも立候補させていただき、Players内で30分の対談→それをネタに記事を作成という流れです。

Shinさんは次々に話してくださるので、書き起こすのがなかなか大変だったのですが(笑)、おかげさまで約5000字の力作が完成しました

※文末にリンクを記載

6.第二回講師チャレンジセミナー講師

僕はセミナー講師の経験はありましたが、ほとんどが顧客向けでしたので、Playersの皆さんの前でもお話してみたい!と立候補いたしました。

このセミナーで初めてShinさんとも実際にお会いすることができ、Playersがますます身近に感じられるコミュニティに変化していきました。

その後の懇親会では、1人のスペースに2人が身を寄せ合って座るという、インド人もびっくりの密着度でとっても盛り上がりました(笑)

また、このセミナーで知り合った方とは意気投合し、一緒にサービスを立ち上げることになりましたので、リアルの場で定期的に人と会うことはとても大事なことなのだと思います。

7.才能マネタイズ グループコンサル開催

このイベントの前までは、マンツーマンの無料イベントをしていましたが、1対1を1対4のグループコンサル形式に変更してみました。

すると、受講生は他の方からのセッションからもヒントを得ていただけるようになり、満足度アップ。

このように、新しいチャレンジもPlayers内でテストできますので、とても助かっています。

8.ライトニングトーク発表者として参加

リアルセミナーとはまた違った楽しさがあったのが、ライトニングトークです。

セミナーでは3名が講師で合計3時間でしたが、ライトニングトークでは15人くらいで持ち時間の5分を回していきました。

皆さんの発表はどれも興味深く、僕が普段はノータッチの政治や哲学、音楽の話題にまで及び、とても刺激的なイベントでした。

そして、忘年会では自分が気になっていた方にライトニングトークの続きをじっくりとお聞きすることができて、とっても満足のイベントで2017年は締めくくられました!

Playersに入って変わった3つのこと

これらの活動を通して僕が得られたことをまとめると、3つあります。

1.自信を持てた

僕はPlayersに参加することで、閉じていた世界が開かれました。

Playersには、普段の生活なら出会えないような、本当に様々な人達がいて刺激をもらえます。

下手な異業種交流会にいくよりよっぽど良いですね。

僕が20代前半の頃は、いまのようなオンラインサロンが存在しなかったので、人脈を広げようと、 SNSのオフ会に積極的に参加していた時期があります。

しかし、だれでも参加できてしまうので、変な人が多かったのも事実です。これが無料コミュニティの欠点でしょう。

Playersの場合は有料のコミュニティですので、ある程度の質が担保されていることが魅力ではないでしょうか。

2.行動力が加速した

Playersのオンラインコミュニティでは、日々様々な活動の報告がされており、自然と周りから刺激を得られるような仕組みになっています。

僕は他にいくつかのオンラインサロンにも所属していますが、Playersは学習型と交流型の中間になっており、バランスがちょうど良く、コストパフォーマンスは抜群のサービスだと感じています。

自分が浮かんだビジネスアイディアの数々を実際にテストさせてもらい、需要があると判断することができたからこそ、半年間でこれだけのイベントを企画&参加することが出来たのだと思います。

どこのコミュニティにも所属することなく、たった1人でここまでのアクションを起こすことはそう簡単ではありません・・。

実際にやってみれば現実がわかります(笑)

3.ビジネスが楽しくなった

僕がPlayersに参加して得られた最高のギフトは、これから長くお付き合いしていけそうなビジネスパートナーとの出会いです。

これまではずっと一匹狼でビジネスをしてきており、ある程度のレベルまではいけたと自負しておりますが、そこから先のブレイクスルーがなかなか起こせなかったのも事実です。

その打開策の1つがビジネスパートナーとの出会いではないかと感じています。

また、僕らの理念に共感してくる仲間にもPlayers内で出会うことができましたので、いまは彼らとワクワクを感じる毎日を過ごしています。

その結果、これから立ち上げる会員制サービスの構築に熱中しすぎてしまうという、嬉しい悩みが発生中・・(笑)

あなたもPlayers内で未来のビジネスパートナーや仲間と出会えるかも?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

1.自信を持てた
2.行動力が加速した
3.ビジネスが楽しくなった

以上が、Playersに5ヶ月間参加して得られた3つのことです。

このどれもが、1人でぼーっと過ごしていたら、決して感じることができなかった変化でしょう。

僕の体験談がこれからPlayersへの参加を考えているあなたの参考になりますと幸いです。

それでは、
次回の記事もお楽しみに!

※追伸

僕の体験談を読まれて、参加を決意されたらこれ以上の喜びはございません。
メッセージお待ちしております(笑)

※参考リンク

・この記事を書いた人:
若月のプロフィール
・Shinさんとの対談記事:
「7つの仕事術」著者 Shinさんへインタビュー!「商業出版の秘訣は出版を目的にしないこと」




仕事の悩みを解決するコミュニティ
Players