【playersに入って半年】ダメ人間が活発にplayersを使い倒すためにやった2つのこととは?

どうも、ササキコウスケです。

僕がplayersに入ってから早いもので半年が過ぎました。(7カ月だったかもしれない)

今は、セミナーやイベントに顔出してみたり、様々なチームで発言してみたり(たまに滑ってますけど)、3月31日までにブログ40記事を書くチームなんてのを運営してみたりしています。(言い出しっぺの僕が、40記事達成するのは絶望的な状況)

活発に活動させて頂くことで、今までの生活では知りえなかった様々な学びや仲間、たくさんの師と仰ぎたくなるような人々に出会うことが出来、とても充実しています。

しかし、僕がplayersに入ってからの数カ月は、流れてくる有益な情報になんとなく目を通すだけの幽霊部員のような状態でした。

playersにはすごい人たちがたくさんいて、正直僕みたいななんの実績もないダメ人間が発言するには、とてつもない勇気が必要だったりするんですよね。

考えを否定されるんじゃないか、とか無視されてしまうのではないか、とか色々考えてしまっていました。(実際playersにはそんなことする人はいませんでしたが)

しかし、たった2つの経験から僕の考えは180度変わり、playersを活発に使い倒すことが出来るようになってきています。(まだまだですが)

今回は、入ったばかりの頃の僕のように、playersのすごい人たちに圧倒され使い方迷子になってしまう方が出ないように、僕の2つの経験と学びをシェアしたいと思います。

 

勇気を出してshinさんへのインタビュー企画に手を上げてみた

 

playersは様々なチームが日々活発に活動していますが、それ以外にもshinさんが色んな企画を用意してくださっています。

オンラインの勉強会だったり、shinさんがセミナーで使う資料の共有だったり、shinさんと著名な作家や、ブロガー・起業家の方とのオンライン対談だったり。

その一環で以前shinさんにインタビューをする、という企画がありました。

僕は以前からshinさんの著書「7つの仕事術」を読んでshinさんが一念発起して行動出来たマインドを知りたい!と思っていたので勇気を出して立候補、なんと僕みたいな超凡人がshinさんにインタビューというとんでもない展開になってしまいました。

インタビュー当日、緊張しすぎて心臓ばくばく、ご飯もろくに喉を通らずな状態で、時間が近づくにつれやっぱりキャンセルしてもらおうか・・・逃げ出したい・・・などなど

かなり弱気になっていたのを今でも覚えています。そしてなんとか行ったグダグダすぎるインタビューも(笑)

ただ、なんとなくやりきった充実感もありました。そのインタビューでshinさんは、

「小さな1歩でも踏み出すことが大事。怖くてもチームで発言すればフィードバックをもらえる。フィードバックがあれば嬉しくなって次の発言が出来るようになる」

「その1歩を踏み出せないとフィードバックももらえず何も変われない」

というようなことを仰っていました。(かなり意訳しているので違ったらご指摘ください)

僕は知らずにインタビューを行うという小さな1歩を踏み出していたようです。

この小さな1歩を踏み出して以来、playersで活動することの怖さが減りました。

現在はshinさんがオンラインで30分無料コンサルをする、と言う企画があります。少し勇気がいりますがぜひ、shinさんに悩みを相談してみてください。

 

活発に活動するメンバーを見習ったら仲間が出来た

 

僕はこの記事の冒頭でも書いているのですが、ダメ人間なのですぐサボります。ネットサーフィンに時間を費やしてみたりマンガを読みだしたり。

shinさんにインタビューして以降、playersでの活動は以前より活発になりましたが、しばらくするとまたサボりがちな時期が出てきました。

そんな時に今ではplayersになくてはならない重要人物が入会してきます。みなさんも必ず一度はその名前を見かけたことがあるであろうその重要人物こそが、未来を創るクリエイターのsiroさんです。

彼は、スレッドに書き込まれたほぼすべてのコメントにリアクションし、返信もしていました。

最初はなんか最近よく見る名前の人だな、程度に思っていたのですが、毎日見かけるので段々興味が沸いてきます。

そしてなぜか勝手に負けまい!と今までより積極的にリアクションやコメントをしてみることにしました。(数で言ったら圧倒的に負けていましたが)

それが縁なのか、個別にやり取りをしてくださる方も出来、初めてplayersで「仲間」が見つかりました。

やはり一緒に頑張る仲間が見つかるとやる気が変わりますよね。サボりすぎて「ササキ最近消えたな・・・」とか思われたくないですし。

書き込みにコメントを毎回するのは結構大変です。ですのでまずはコメントを読んでリアクションしてみてください。

そして慣れてきたらコメントもしてみてください。必ず誰かが反応してくれます。そうやって少しでもメンバー間の繋がりが出来れば、playersの活動の中心である各チームにも入りやすくなるのかな、と思います。

 

ベイビーステップが何より大事

本当に簡単な2つの経験ですが、シェアさせて頂きました。

・企画に参加してみる

・コメントにリアクションしてみる

どちらもめちゃくちゃ小さな1歩=ベイビーステップですが、踏み出すことでもっと全員がplayersを使い倒すことが出来れば、より良いサロンになる、と思い偉そうに語らせて頂きました。

オピニオンやノウハウを書くのがとても苦手で、記事の言いたいこと迷子になってしまったことは見逃してください。

 

ではでは。




仕事の悩みを解決するコミュニティ
Players