【チーム紹介】エクセルチーム

こんにちは、Shinです。Outward Matrixというブログを運営しております。

Playersには、Facebookメッセンジャーでクローズドに交流する「チーム」という制度があります。いろいろなチームがあるのですが、そのチームメンバーしか全貌を把握することができないため、今回紹介スレッドを立ててもらいました。そこから各チームを紹介していきますね。

今日は「エクセルチーム」のご紹介です。

【チーム名】エクセルチーム

【目的】個々のエクセルスキルをアップして実務に活用する!

【入って欲しい方】エクセルを積極的に学びたい方、また、課題やMTGに積極的に参加できる方

【応募している?】基本していませんが、強い希望があれば受け入れます。
(キャパオーバーと判断したらストップします)

【ROM専OK?発言必須?】必須です。
少なくとも、1~2週間に1回、課題を設定しますので、課題を提出できる方でお願いします。
また、MTGはWeb会議形式で行いますのでビデオチャットに参加頂ける方が望ましいですね。

【やりとり例】課題:ピボットテーブルについて

Aさん:ピボットって、スゴく便利な機能だと思うんですが、慣れないと難しいです!
関数でパチパチ入力したほうが早いと思いながらもチャレンジしてます!

Bさん:一回ピボット慣れると手放せませんよ!
関数より応用が全然利きます。

Morita:確かに私も関数よりあとにピボット覚えたので、Aさんのお気持ちすごく良くわかりますw
ただ、今ではローデータを分析するときはピボットなしでは生きれません。
作表と集計が一変にできてしまうのは非常に便利すぎます。
いろいろなパターンで練習すると覚えられるので、今回の課題を良いきっかけにしてもええればと思います。

Aさん:ありがとうございます。
早く使いこなせるレベルになりたいっす!!

——————————————–

こんな感じで、主に課題についての質疑応答ベースでグループチャットを活用しています。
チームメンバーは忙しい方が多いですが、課題の対応期間中になんとか対応してくれています。
チームメンバーの皆さんは優秀な会社員・大学生なので、刺激を受けていますね(笑)

また、最近はZOOMというWeb会議アプリでオンライン上のチームMTGを行っています。
各自作成した課題のファイルを発表し、振り返りを行なうことで互いの知見を共有する機会を設けていますが、和やかに学びあえる点が非常に良いですね。

ちなみに、チームの活動サイクルはこんな感じです↓

課題対応①(1~2週間)

MTG(振り返り&次回課題設定)

課題対応②(1~2週間)
※以降ループ




仕事の悩みを解決するコミュニティ
Players